【MLB】大谷翔平、今季64本目の長打はシフト破りの技ありツーベース

8回に大谷シフトを破る技ありツーベースを放つ大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は14日(日本時間15日)「3番DH」で先発出場。8回の第4打席に大谷シフトを破るライト線への一打を放ち、これに俊足をとばし二塁打とした。この日は空振り三振、左飛、左飛、右二塁打で4打数1安打。打率を.265とした。エンゼルスは3―5で逆転負けを喫し4連敗。

◆【実際の映像】大谷翔平、64本目となる技ありツーベースに実況も歓喜

MLBによると来シーズンから極端なシフトを禁じるルールが適用されるとされており、大谷シフトが見られるのも今季限り。もっとも大谷に対して、このシフトが有効なのかも疑わしい。大谷がシフトを破ってのヒットを放ったのは15回。大谷の二塁打は24本目。併せて長打は64本目となり、OPSは.889とした。

◆「大谷翔平にMVPを与えなければダメだ」、ジャッジ優位に異議を唱えたのはヤンキースOB 

◆大谷翔平、「正体がエイリアンだとばれた」と米メディア 右手一本で運んだ34号を“人間離れ”と指摘

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします