【今週の決戦】優勝のかかるソフトバンク対CS目指す西武 今日の鍵は髙橋光成 vs. 石川柊太

(c)Getty Images
(c)Getty Images

残り4試合で貯金2の3位・埼玉西武ライオンズと、残り5試合で貯金12、優勝マジック4の首位・福岡ソフトバンク・ホークスの一戦は、ベルーナドームのマウンドに上る先発右腕の対決に注目したい。

◆ヤクルト村上宗隆、三冠王に56号なるか 阪神・青柳晃洋が意地をみせるか

■西武キラーがマジック減らすか

 西武の先発はエースの髙橋光成

今季ここまで25試合に登板して11勝8敗、防御率2.24。ソフトバンク戦は今季3試合で1勝2敗、防御率3.00と相性的には良くなく、前回13日の対戦でも6回を6安打2失点と試合を作りながら黒星を喫した。ただ、8月以降の登板8試合で黒星を喫したのは、その1試合のみ。8月は5試合で3勝無敗、防御率1.80、9月も3試合で2勝1敗、防御率1.66と安定。高校の後輩である丸山和郁(ヤクルト)の優勝決定サヨナラ打にも刺激を受けながら、自己最多のシーズン12勝目を狙う。

一方、ソフトバンクの先発は石川柊太

今季ここまで22試合に登板して7勝9敗、防御率3.36で黒星が先行している状況ではあるが、西武に対しては4試合で3勝1敗、防御率0.93の好相性を誇っている。前回9月14日の対戦でも、6回2/3を8安打1失点の好投で勝ち投手となった。その一戦も含めて9月は3試合で2勝1敗、防御率2.00と好調。自身の今季レギュラーシーズン最終登板となることが予想される中、“西武キラー”として優勝へ向けた大きな1勝を奪い取りたい。

西武は現在3位だが、4位の楽天と0.5ゲーム差。優勝マジック4としているソフトバンク、2位・オリックスとはわずかゲーム差1。西武は「CS進出」、ソフトバンクは「優勝」へ向けて、ともに負けられない一戦。その中で両チームの先発右腕、「髙橋 vs. 石川」が勝敗の大きな鍵を握っていることは間違いない。

◆パ・リーグの天王山を左右するオリックス吉田正尚 vs. ソフトバンク柳田悠岐の主砲対決

◆ソフトバンク優勝マジック初点灯 2年ぶりのリーグ制覇へ

◆【実際の映像】実況も「黄金の一撃!」と大興奮  背番号「55」村上宗隆、神宮の夜空に放物線を描いた日本人最多タイのシーズン55号

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします