【MLB】大谷翔平、15試合連続安打と35号アーチでチームを5連勝に導くか 「3番DH」スタメン

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は9月30日(日本時間1日)、本拠地で行われるテキサス・レンジャーズ戦に「3番DH」で先発出場する。

前日には投打同時出場を果たし、打っては4打数2安打1打点のマルチ安打で14試合連続安打をマーク。投げては、あわやノーヒットノーランかという8回2安打無失点10奪三振の好投で、今季15勝目を挙げた。史上初となるW規定到達までは残り「1」イニングに迫った。

◆大谷翔平、15試合連続安打後の「ヘン顔」に「打たれたボールの顔だ」と実況爆笑 自己最多の今季41度目マルチ

■17戦ぶりの35号なるか

相手先発のグレン・オットは今季25試合に登板して6勝9敗、防御率4.73。エンゼルスとは今季3度目の対戦で、前回7月30日(同31日)の対戦では5回4安打4失点3四球で降板した。

大谷との対戦成績は、ここまで通算9打数2安打(本塁打1本、三塁打1本)4打点、1四球2三振。大谷は7月30日(同31日)の本拠地戦でオットから飛距離424フィート(約129メートル)の逆転3ランを放ちチームの連敗を止めている。

前日には8イニングを投げ、前人未到の規定投球回と規定打席の同時到達まであと1イニングに迫った大谷が、残り6試合でMVPを争うライバル、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジの61号到達を超えるインパクトを残すことができるか。9月11日(同12日)のヒューストン・アストロズ戦以来となる17試合ぶりの35号がでるかにも注目したい。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 3B レンヒーフォ   
2番 CF トラウト 
3番 DH 大谷  
4番 RF ウォード
5番 1B サイス 
6番 C オホッピー
7番 SS ソト
8番 LF アデル
9番 2B フレッチャー
SP  デトマーズ

◆大谷翔平、打率.361に防御率1.50と躍動 まるで「ゲームのような数字」と地元ファン

◆「大谷翔平は今季15勝」とベーブ・ルースの孫が予言 “リアル二刀流”は「オオタニが初めて」と絶賛

◆MVPレースの重要指標WARで大谷翔平が猛追 アーロン・ジャッジ、61号前に足踏み続きで

試合情報

エンゼルス-レンジャーズ
10月1日(土)10:38(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします