Advertisement

【Wリーグ】新シーズンは過去最多14チームが全国で熱戦 目標はファイナルで「1万人動員」

 

【Wリーグ】新シーズンは過去最多14チームが全国で熱戦 目標はファイナルで「1万人動員」
記者会見で勢揃いしたWリーグ14チームのキャプテンたち 撮影:SPREAD編集部

女子バスケットボールリーグ(Wリーグ)は13日、東京・水道橋で2022-23シーズンの開幕記者会見を行い、新シーズンへの取り組みを発表した。過去2年にわたり日本のスポーツ界も新型コロナ・ウイルスの影響を受けてきたが、Wリーグもその例に漏れない。全国各地で開催されてきた公式戦は、チームの地元開催などに限定され、オールスター・ゲームも延期された。

◆【Wリーグ】東京五輪銀メダルの女子バスケを牽引するのは“泥臭いトヨタ”か その2連覇を振り返る

■「行こうよ、Wリーグ」

しかし規制緩和もあり今シーズンから本格再始動。新規参入の「姫路イーグレッツ」を加え、全14チームとなり2回戦総当りのレギュラー・シーズンとなる。

記者会見冒頭、昨季より就任した映画監督でもある河瀨直美Wリーグ会長よりビデオ・メッセージが寄せられた。「昨季のファイナルは代々木第一体育館に7151人を動員しましたが、この盛り上がりを一過性のものに終わらせず、頑張りたい」と宣言、最後は「行こうよ、Wリーグ」と締めくくった。

続いて長崎俊也Wリーグ事務局長がマイクを握り新シーズンの概要を説明。新シーズンは過去最多の14チームの参戦となるため「13週にわたり全182試合を全国25都道府県で開催」と発表。4月15から17日わたり東京・有明アリーナで行われる今季のファイナルの動員目標を「1万人」と設定した。

19日に東京・代々木第二体育館で行われる開幕戦は、昨年の覇者トヨタ自動車アンテロープスvs. ENEOSサンフラワーズカードとなる。この日は両チームのキャプテン馬瓜ステファニー渡嘉敷来夢が登壇。馬瓜は「難しいゲームなると思うが、かならず勝利で飾る」と意気込みを語ると、渡嘉敷は「トヨタさんは毎年(波に)乗せると怖いので、乗せないように、そして若さに負けないよう、頑張って行きたい」と対策を語った。

開幕戦はNHK BS1を始め、バスケットLIVE,WリーグのYouTubeでオンエア。シーズンを通してもバスケットLIVEで視聴が可能となっている。

◆元日本代表、中川聴乃理事らが湖池屋のバスケ教室を指導 五輪銀メダルで関心高まり「教えがいあった」

◆【Wリーグ】「命を輝かせる姿を!」 河瀨直美新会長がWリーグの魅力発信に意欲

Advertisement


◆【Wリーグ】「日本代表は各々がしっかりとした柱」河瀨直美会長 × 渡嘉敷来夢選手対談

文●SPREAD編集部