マルセロはレアル・マドリードの背番号12番!過去には「6」「16」などをつけてプレーしたことも

レアル・マドリードのDFマルセロ選手は、2007年にフルミネンセから移籍した当初から、ずっと背番号12番をつけてプレーしている。

(c)Getty Images

マルセロ選手にとって、背番号12番は特別な番号だそう。ロシアW杯でも背番号12番をつけて戦った。

フルミネンセ所属時から背番号12を着用

マルセロ選手は、前所属先のフルミネンセでも背番号12番をつけていた。

サッカー界には選手に背番号12番をつけさせないクラブも多い。これは、多くのクラブが、背番号12をサポーターの背番号と設定しているためだ。

しかし、フルミネンセやレアル・マドリードは背番号12番をサポーターの背番号としていない。そのため、マルセロ選手は12をつけ続けることができた。

12番には特別な思い入れがある

マルセロ選手にとって、背番号12番は特別な意味が込められている背番号だという。以前、インタビューで番号に関する思い入れを語ったことがあった。

(c)Getty Images

「12は、特別な番号。自分が生まれた日であり、親友が付けてプレーしている背番号でもあるからね」

確かに、マルセロ選手の誕生日は1988年5月12日だ。しかし、マルセロ選手は「12をつけてプレーする親友」が誰なのか、未だに明らかにしていない。

ちなみに、マルセロ選手のツイッターアカウントのユーザー名は「MarceloM12」。確かに「12」を意識しているようだ。

ブラジル代表でも背番号12番を着用

(c)Getty Images

マルセロ選手はブラジル代表でも背番号12番をつけている。しかし、以前はそれ以外の番号をつけていた。

2007年の年代別代表に選ばれたときから2013-2014年シーズンの頃までは、背番号6番を着用。

(c)Getty Images

なお、2015-2016年シーズンに限っては、16番や12番、6番と頻繁に背番号が変わっている。

(c)Getty Images

ロシアW杯前に12番に変更

(c)Getty Images

マルセロ選手は、ロシアW杯前の2018年3月に、再びブラジル代表での背番号を12番へ変えている。

この背番号変更は、マルセロ選手自ら志願したとのこと。そのときのことについて、インタビューでこのように話している。

「背番号変更はエドゥ・ガスパールジェネラル・コーディネーターとアデノール・レオナルド・バッチ監督に話をしてお墨付きをもらった」

「僕にとって非常に重要な番号だと理解してくれた2人にはとても感謝している。この背番号変更が良いパフォーマンスの助けになると思っているよ」

なお、今までにブラジル代表で背番号12番をつけた選手は全員ゴールキーパーの選手。ディフェンダーが背番号12番をつけたのは、マルセロ選手が初めてのことだった。

≪関連記事≫

マルセロのポジションは左サイドバック!プレーエリアの広いDFとして積極的に攻撃参加

マルセロはマットレスが原因で怪我したことも…過去の怪我を振り返る

マルセロとネイマールの仲良しコンビがレアル・マドリードでチームメイトになるかも

マルセロの息子、エンツォくん!レアル・マドリードの選手たちとヘディングする動画が話題に

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします