【JBCクラシック/3連単2点勝負】2強決着が濃厚も“ヒモ荒れ”警報 相手は3歳馬ではなく地方馬

今年のJBC3競走は3日、盛岡競馬場を舞台に行われる。メインを飾るJBCクラシック(JpnI、ダ2000m)は、昨年のJRA賞最優秀ダートホースに輝いたテーオーケインズと、今年の帝王賞を制したメイショウハリオが相見える豪華な一戦。

加えて、UAEダービー制覇のクラウンプライド、ジャパンダートダービー2着のペイシャエス、レパードS勝ちのカフジオクタゴンといった3歳馬が顔を揃えるなど、頂上決戦にふさわしい豪華メンバーが集結した。

◆【JBCスプリント2022予想/3連複6点勝負】レッドルゼルの連覇に“黄信号” キーワードは前走・東京盃敗戦組

■GI馬2強は甲乙つけがたい

当レースはテーオーケインズメイショウハリオの「2強」という構図が予想され、1、2番人気を分け合う格好となるだろう。

両馬は、昨年のチャンピオンズC、今年の平安S、帝王賞と3度対戦し、結果はテーオーケインズの2勝1敗。ほぼ互角の勝負を演じているが、今年の帝王賞でチュウワウィザードやオメガパフュームといった、歴戦の猛者を相手にねじ伏せたメイショウハリオが、勢いとしては一歩前に出たかたちか。

メイショウハリオは、出世するまでに時間はかかったが、オープン昇格後は堅実な走りを見せ、昨年のチャンピオンズC以外は、重賞で着実に3着以内をキープ。追ってからしっかりと伸びてくるのが持ち味で、広い盛岡のコースでは、その差し脚を遺憾なく発揮できそうだ。

懸念材料は左回りの実績か。3勝クラスの東京・薫風Sで勝ち星を挙げているが【1.0.1.2】と、右回りに比べて、決して得意な条件とは言えない。短距離指向の強いパイロ産駒だけに、ダ2000mも特別に強い条件ではないが、大きく取りこぼすことも考えにくく、順当に馬券には絡んでくるはずだ。

一方、昨年ダート界の王者に君臨したテーオーケインズだが、金沢でのJBCクラシックでは、小回りコースが合わなかったか、4着と苦汁を舐めた。今年は舞台を盛岡に移し、昨年の屈辱を晴らしたいところだ。

連覇を狙った今年の帝王賞では、向正面から早めにプレッシャーをかけられ、メイショウハリオの後塵を拝したが、前々走の平安Sでは、海外遠征帰り、59キロの斤量を背負いながら快勝するなど、力が衰えているわけではない。国内の左回りダートでは【4.0.1.0】と、今回は条件が好転。初めてのコースではイレ込むところがあるが、輸送等をクリアすれば、本来の力を発揮できるはずで、王者復権となるか注目したい。

■3歳勢の優勝はわずかに1回…立ちはだかる古馬の壁

新興勢力の3歳勢の中で、筆頭格と目されているのが、クラウンプライド。3歳になって果敢に海外へ挑戦し、3月のドバイ遠征では、UAEダービーを制して、世界にその存在をアピール。続くケンタッキーダービーでは13着に大敗したが、前走の日本テレビ盃では、古馬相手に半馬身差の2着と、トップレベルの力を証明して見せた。

また、ペイシャエスも世代を代表する1頭。ユニコーンSで重賞初制覇を飾ると、続くジャパンダートダービーでは、勝ち馬から0秒1差の2着と善戦。前走・日本テレビ盃では4着に敗れたが、1番人気に支持されるなど、その実力は高い評価を受けている。

最後に、レパードSを制したカフジオクタゴンは、2勝クラス(鷹取特別)とはいえ、古馬を撃破した経験値は、上記2頭と比べても優位な存在。前走の白山大賞典では出遅れが響いて3着に敗れたが、スムーズに運べていれば、際どい勝負を演じた可能性が高い。

だが3歳馬にとって、JBCクラシックの壁はかなり高い。3歳馬による優勝は、これまで21回の歴史の中で、2002年アドマイヤドンのわずか1頭のみ。過去10年に限ると【0.1.0.7】の成績で、京都で行われた2018年2着のオメガパフュームが唯一の連対例であり、地方で行われたレースでは、すべて馬券外に敗れている。

この中には、2020年5着ダノンファラオ、14年7着カゼノコ、13年5着クリソライトといった、その年のジャパンダートダービーを制し、世代の頂点に立った馬でさえ、古馬の前に散っていたのである。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします