【RIZIN】「やった方がいいならやるよ」朝倉未来、舌戦続ける平本蓮との“因縁対決”がヒートアップ

朝倉未来 撮影:SPREAD編集部

ANGEL CHAMPAGNE presents RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA」は6日、ドルフィンズアリーナで全11試合が開催され、メインマッチでは平本蓮弥益ドミネーター聡志を相手に判定3-0で勝利した。MMA2連勝を挙げた平本にRIZINファイターたちが賛辞を送るなか、SNS上では両者譲らない“舌戦”を続ける朝倉未来が反応した。

◆平本蓮の打撃は「想定以上だった」 涙のドミネーターが脱帽「パンチが見えなかった」

■朝倉「おれは全然いいんだけど」

朝倉は試合翌日、自身のツイッターを更新。平本の名前こそ出さなかったが、SNS上で再浮上した平本との対戦を熱望する声に反応したものと思われる。

平本は1日、本大会の記者会見で“DIS NOTE”(ディスノート)を持参し、朝倉を挑発する発言を連発。会見後に朝倉が自身のツイッターで「平本、お前はそろそろ自分の力で注目されるように頑張れよ」と忠告すると、平本は即座に反応。メイウェザー戦の後遺症により頭痛で大晦日大会を回避する朝倉を批判していた。

朝倉は以前、自身のYouTubeチャンネルで「平本がドミネーターとかに勝ってきて、怪我がなかったら年末に遊んであげてもいいかな、と思う」とも発言。今回、朝倉は「皆んなさ、おれは全然いいんだけどまだ早いと思うけど大丈夫そう? 来年やった方がいいならやるよ」と投稿すると、ファンからは対戦を希望する声が挙がる一方、両者のコンディションを気遣う声も見受けられた。

RIZINフェザー級戦線を盛り上げる朝倉と平本の“因縁対決”は実現するのか、今後の動向に注目が集まる。

◆「評価がガラッと変わる」“大番狂わせ”の平本蓮に他選手もSNSで驚き隠さず 「いやーたまげた!」

◆平本蓮の打撃は「想定以上だった」 涙のドミネーターが脱帽「パンチが見えなかった」

◆平本蓮が格上ドミネーターを支配できたワケ “KO狙わない”姿に見えた覚醒の兆し

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします