宇野昌磨、表彰台の一番高い場所に乗るも…高橋大輔、田中刑事と頭の高さが一緒に

フィギュアスケート全日本選手権の男子フリーが12月24日に開催され、ショートプログラムに続いて1位となった宇野昌磨選手が3連覇を達成した。

(c)Getty Images

宇野選手は22日の公式練習中に右足首を捻挫。歩けないほどの酷い状態だったというが、強行出場。気合いの入った演技で痛みを乗り越え、優勝を手繰り寄せた。

表彰台にスニーカーで上がる

宇野選手は足の痛みがあったため、スケート靴からスニーカーに履き替えて表彰式に参加。

身長が159cmと小柄な宇野選手は表彰台の一番高い場所に乗ったにも関わらず、2位の高橋大輔選手、3位の田中刑事選手と頭の高さが一緒になるという珍事が発生。

3選手の目線がそろうと、本人らの間に笑顔があふれたことはもちろん、会場も和やかな雰囲気に包まれた。

笑顔がいっぱいの微笑ましい表彰式に対しては、多くのファンから「かわいい」といった声や「背が同じじゃん!」といったツッコミなどが寄せられている。

表彰台ではかわいらしい様子を見せてくれた宇野選手。氷上では足の怪我を感じさせない迫真の演技で魅せてくれた。

ファンにとっては、「かわいらしさ」と「かっこよさ」のギャップがたまらないのかもしれない。

《関連記事》

宇野昌磨のよちよちした歩き方が「ペンギンみたいでかわいい」と話題に

「#宇野昌磨誕生祭2018」が大盛り上がり…21歳の誕生日に、世界各国から祝福の声

ジョジョ好き田中刑事、“キラークイーン”柄ネクタイ着用にファン反応

ラーメン大好き友野一希、ラーメン柄のネクタイで全日本選手権の開会式に登場

羽生結弦、500体以上のプーさんをフィンランドで寄付…「彼がいるからこそ喜びの連鎖は続いていく」との声も

羽生結弦、撮影休憩中は自分を象ったマドラーで一人遊び……?ロッテ「ホットガーナ」の新CMに出演

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします