Advertisement

【高校サッカー選手権】東山が昨年準優勝の大津下し日本一に王手 初優勝懸けて岡山学芸館と激突

 

【高校サッカー選手権】東山が昨年準優勝の大津下し日本一に王手 初優勝懸けて岡山学芸館と激突
選手権で初の決勝進出の東山(C)Getty Images

第101回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が7日行われ、東山(京都)と大津(熊本)が対戦。1-1でPK戦に突入し、東山が4-2で勝利し決勝進出を決めた。

◆岡山学芸館が激闘制し初の決勝へ 神村学園は福田師王らPK失敗でベスト4敗退

■準決勝は2試合連続のPK決着

試合は前半39分、井伊虎太郎のゴールが決まり、大津が1点リードで前半を折り返す。

迎えた後半18分、東山はセットプレーを活かし、最後は松橋啓太がゴールを沈め試合を振り出しに戻す。その後は互いにチャンスを作りながらゴールは生まれず、試合はPK戦に突入する。

PK戦で大津は2人が失敗したのに対し、東山は全員が成功させた。

決勝進出を決めた東山は9日に行われる決勝戦で、岡山学芸館(岡山)と対戦する。

◆「詰めるまで非常に速かった」神村学園の“絶対エース”福田師王の同点弾に、大久保嘉人が絶賛!「これぞストライカー」

◆エース福田師王の一撃で前回覇者・青森山田を下す! 神村学園、先制許すも2-1逆転勝ち!

◆青森山田 松木玖生は3冠達成で涙止まらず「仲間と喜びを分かち合いたい」

Advertisement


文●SPREAD編集部