Advertisement

【NBA】ネッツ vs.レイカーズ戦の日本人対決は渡邊雄太が大勝 八村塁はスタメンの好機活かせず

 

【NBA】ネッツ vs.レイカーズ戦の日本人対決は渡邊雄太が大勝 八村塁はスタメンの好機活かせず
八村塁(左)レイカーズ移籍後初のネッツ・渡邊雄太(右)との日本人対決が実現(C)Getty Images

米プロバスケットボールNBAは30日(日本時間31日)、ブルックリン・ネッツロサンゼルス・レイカーズ戦が行われ、八村塁移籍後としては初めて、今季2度目となる日本人対決が繰り広げられた。試合はネッツが121-104で圧勝、渡邊雄太に軍配が挙がった。

◆電撃移籍・八村塁は低迷する名門ロサンゼルス・レイカーズを押し上げ、飛躍を遂げるのか…

■日本人ファン感無量 “胸アツ”の一戦

この日、レイカーズはレブロン・ジェームズアンソニー・デイビス、ネッツはケビン・デュラントというオールスター・メンバーが欠場、それだけに2人の活躍が期待された。

特に八村はフロントのビッグデュオが欠場という事情も手伝い今季、ウィザーズでの出場を含め、はじめてスターティング・メンバーに起用された。移籍後3戦目にして初スタメンとは、それだけチームの期待の現れだろう。

八村は27分出場し16得点、4リバウンド、1アシスト、3ポイントシュートこそ成功率50%だったが、フィールドゴール(FG)は46.2%とやや精度に欠け、フリースローは50%と波に乗り切れなかったとしていい。名門レイカーズのスターティング・フォワードに求められるは、さらなる得点力。特に主力欠場時には、その穴を埋める爆発力が必要だろう。及第点かもしれないが、もう一皮むけないとスタメン定着は厳しそうだ。

一方の渡邊は、21分出場で12得点、1リバウンド、FGは71.4%とその役割を果たした。

ともあれ日本のファンにとっては、日本人選手が名門レイカーズのスタメンとは、胸アツもの。ましてや、それを日本人対決として観戦できるとは、感無量としてもいいだろう。こんな対決が長く見られるように、2選手には今後、さらなる活躍により来季の契約を勝ち取ってほしいものだ。

◆レイカーズ移籍の八村塁は覚醒の予感  「史上最高のパサー」“キング”レブロン・ジェームズと共闘で

◆【前編】八村塁の電撃トレードから1週間……地元記者がその後の活躍を予想

Advertisement


◆電撃移籍・八村塁は低迷する名門ロサンゼルス・レイカーズを押し上げ、飛躍を遂げるのか…

文●SPREAD編集部