Advertisement

【WBC】「時差ボケだが、よいスイングできた」と3ランの大谷翔平 侍ジャパン

 

【WBC】「時差ボケだが、よいスイングできた」と3ランの大谷翔平 侍ジャパン
左手一本、膝をついて3ランを放った大谷翔平 (C) Getty Images

8日開幕を迎えるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、侍ジャパン・大谷翔平は6日、阪神タイガースとの壮行試合に臨み、3回表に左手一本で3ランを放ち、格の違いを見せつけた。

◆【実際の映像】古田も「笑うしかない」と解説した大谷翔平、左手一本、バックスクリーン弾

■ヌートバーも先制タイムリー

この日、3番DHでスタメン出場した大谷は3回の表、2死一、二塁で迎えた第2打席、阪神・才木の投じた4球目をすくい上げると、右中間スタンドに飛び込む3ランを放った。

大谷は「時差ボケで体調100%ではなく、甘い球を打ち損じるのは気になりますが、打った球はスプリットで、よいスイングができました」とコメントを寄せた。

試合は4回表を終え、ラーズ・ヌートバーがすくい上げの先制タイムリーを放つなど日本代表が4-1でリードしている。

◆「ピッチャーで勝つと決めた」と栗山英樹監督が宣言 投手陣のキーマンに宇田川優希を指名

◆大谷翔平とヌートバーのフリー打撃を至近距離アングルで体感 侍J公式Twitterが迫力満点動画を投稿

◆千賀滉大、オープン戦初登板でWBC米国代表を手玉 メッツ指揮官は「彼を誇りに思う」と絶賛

文●SPREAD編集部

Advertisement