Advertisement

【WBC】ヌートバー、連日の“たっちゃん劇場”で東京ドーム沸かせる マルチ安打にまたもやファインプレー

 

韓国戦で適時打を放った侍ジャパンのヌートバー
韓国戦で適時打を放った侍ジャパンのヌートバー(C)Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は10日、プールB・1次リーグ2戦目で日本対韓国が対戦。ラーズ・ヌートバーが「1番中堅」で先発出場した。

◆【実際の映像】「タツジ最高すぎて泣きそう!」ヌートバー、連日のダイビングキャッチにSNSも大バズり!

■前日に続くダイビングキャッチ

前日はダイビングキャッチで観客を魅了したヌートバー。この日も“たっちゃん劇場”と呼べる活躍を見せた。

リードを許した3回裏に反撃の狼煙を上げるタイムリーを放つと、7回の第5打席でもライトへヒットを放った。

守備では5回表にキム・ハソンの打球をセンターでダイビングキャッチ。場内を沸かせるハッスルプレーで会場のボルテージを上げた。

ヌートバーは7回でベンチに下がりお役御免。4打数2安打1打点にファインプレーと、日系選手がこの日も東京ドームの観客を引き付けた。

◆【実際の映像】「タツジ最高すぎて泣きそう!」ヌートバー、連日のダイビングキャッチにSNSも大バズり!

◆【実際の映像】“タッチャン”が東京ドームを熱くする! 逆転の口火を切ったヌートバーの適時打

◆「信じられない」ヌートバー、ファインプレーに拍手喝采 会心の好捕に大谷翔平もガッツポーズ

Advertisement


文●SPREAD編集部