Advertisement

【WBC】大谷翔平から3球三振のチェコ投手、オンジェイ・サトリア「世界が止まった瞬間だった」と感激

 

【WBC】大谷翔平から3球三振のチェコ投手、オンジェイ・サトリア「世界が止まった瞬間だった」と感激
ヘルメットを飛ばし3球三振を喫した大谷翔平 (C) Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は11日、プールB・1次リーグ第3戦の日本対チェコ共和国の試合が行われ、結果だけ見れば侍ジャパンがチェコに10ー2で快勝となった。

しかし、日本は初回からチェコ先発のオンジェイ・サトリアに苦しめられた。

◆【実際の映像】バーランダー氏も信じられない、チェコ・ベンチは大歓喜 大谷がヘルメットを飛ばして3球三振

■「チェコ代表の映画を作るべきだ」とバーランダー

この日、世界デビューを飾った佐々木朗希は初回、160キロを連発しつつ、ツーベースと味方のエラーで1点を献上。一方、サトリアは120キロ台のストレートとコーナーをつくチェンジアップのコンビネーションで、あっという間に初回を三者凡退で切り抜けてみせた。

3回の裏もツーベースの近藤健介を二塁に置き迎えた大谷翔平を、126キロのストレート、113キロのチェンジアップ、116キロのワンバウンドになるチェンジアップで3球三振と手玉に取るなど、日本のファンにチェコの野球を印象づけた。

大谷自身もこれには少し驚いたのだろう。ヘルメットが脱げるほどの強振で三振を喫し落胆。相手捕手がワンバウンドを取りそこねたため、振り逃げのシーンとなるが、これにも気づかないほど。一塁へ走るのも忘れるとは、野球偏差値の高い大谷としては、珍しいワンシーンだったではなかろうか。

これには大谷応援団長、米野球アナリストのベン・バーランダー氏も自身のSNSを更新、「これを目撃している自身の両目が信じられない」と三振動画をアップした。FOX SPORTSにバーランダー氏とともに解説を担当する相方のアレックス・カリー氏もこのシーンに「衝撃を受けた」とコメント。バーランダー氏はさらに「チェコ代表の映画を作るべきだ、10ドル出す」と発言、カリー氏から「たった10ドル!」と失笑を買うシーンも。

サトリアは試合後コメントを求められ、「世界が止まった瞬間だったよ」と自身の“偉業”を素直に喜んだ。

中盤にはチェコ投手陣を攻略した侍ジャパンだが、国際大会では何が起こるかわからないという教訓だろう。

Advertisement


この日、韓国がチェコに勝利したため、すでに3連勝している日本と2戦全勝中のオーストラリア以外に3勝以上が可能なチームはなく、侍ジャパンの準々決勝進出がすでに確定している。オーストラリアが日本に勝つと、進出チームが日豪で決定。韓国の敗退が決まる。オーストラリアは日本に負けても次のチェコ戦に勝利すれば、やはり進出決定となる。

日本は今日12日、4戦全勝に挑む。

◆【実際の映像】162キロのストレートが膝を直撃で悶絶…エスカラの死球と佐々木朗希の脱帽シーン

◆ヌートバー死球と佐々木朗希、与死球に見る日韓野球の質の差 チェコ選手の反応と好感度

◆「このマウンドに立てたことに感謝」佐々木朗希、“3・11”登板に思い馳せる 「明日は由伸さん」と日本のエースの先発を明言

文●SPREAD編集部