【WBC】「子どものころから夢見ていた」大谷翔平、特大の第1号を振り返る 「優勝目指していく」と力強く宣言

 

【WBC】「子どものころから夢見ていた」大谷翔平、特大の第1号を振り返る 「優勝目指していく」と力強く宣言
12日オーストラリア戦の初回、WBC第1号を放った大谷翔平(C)Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は12日、プールB・1次ラウンド第4戦の日本対オーストラリアの試合が行われ、日本が7-1で完勝した。

◆大谷翔平と“たっちゃん”も大爆笑 牧秀悟の試合前円陣が話題「あとから行く人たち、もう準備できてます」

■初回に特大の一発に「いい景色でした」と満悦

大谷翔平は、初回に自身の看板を直撃する特大の先制3ランを放った。

大谷は4戦目にして待望の初本塁打に「貴重な先制点だったので、早く1本打ちたいなと思ってましたけどいいホームランだったと思います」と語り、「良い角度であがってくれたので入ってくれという気持ちで見てました。いい景色でした」と自身のホームランを振り返った。

自身初出場となったWBCでのホームランについて「子どものころから夢見てましたし、また次の試合でも打てればいい」と言及。

1番ラーズ・ヌートバー、2番近藤健介とのトリオが機能しているが、「ほとんどの確率でランナーがいる場面で回してもらっているので、自分の仕事をし本当に返すことを意識して打席に立っています」と役割分担できていると明かす。日本チームについては「どこからでも点が取れる、投手も良いピッチャーがそろっている」と充実の陣容が揃っていると述べた。

今日の歓声については「まあまあでした」と笑顔を見せ、16日から始まる準々決勝ラウンドに向けて「まだまだ気合入れて優勝目指していくので応援お願いします」と力強く宣言。3大会ぶりの覇権奪還へ向けて意気込んだ。

◆全勝かけた豪州戦で“日本のエース”が魅せる 山本由伸、4回8奪三振無失点の満点デビュー

◆「誰もが歴史の一部になりたい」大谷翔平、衝撃の看板直撃“第1号”の行方に注目 ボールをキャッチしたのは…

Advertisement


◆え? 大谷翔平が牧秀悟へ特別に“デスターシャ” 披露 初回3ラン後にパフォーマンス

文●SPREAD編集部