Advertisement

【女子ゴルフ】LPGAツアー初挑戦の西村優菜 「データ分析を今後の強みにしていきたい」とシード獲得を誓う

 

【女子ゴルフ】LPGAツアー初挑戦の西村優菜 「データ分析を今後の強みにしていきたい」とシード獲得を誓う
記者会見で意気込みを語る西村優菜 撮影:SPREAD編集部

2023年より米ツアーに挑戦する西村優菜が13日、スポンサー契約を締結した株式会社Gunosyの記者会見に登場し、今季の意気込みを語った。

◆【女子ゴルフ】吉本ひかるがプレーオフ制し涙の初勝利、黄金世代12人目の優勝者に 明治安田生命レディス

■発信力支援とプレーデータ分析の両面からサポート

西村は今季より情報キュレーションサービス・ニュース配信アプリ運営会社のGunosyとスポンサー契約。これにあたり「もともとデータを基に組み立てていくゴルフが好きで、この点をもっと細かく分析できることは、今後自分の強みとして戦っていけると思っています」とコメント。さらに今季から米ツアーで戦うことについては「ワンステップ上のフィールドで戦うことになるので、ナショナルチーム時代から行っていたショットデータ分析を自分の強みとして挑戦していきたい。最初は限られた試合にしか参加できないが、シード獲得を目標に頑張っていく」と意気込みを語った。

また、Gunosy代表の竹谷裕哉氏は会見で「会社の理念である『GunosyPride』と西村プロの考え方に親和性があり、発信力支援とプレーデータ分析の両面からサポートしていく」と意欲を語った。

プレーデータ分析サポートでは、西村から提供された各ショットごとのデータを蓄積し、プロキャディ―である佐藤賢和氏監修のもとGunosyのデータチームが多角的に解析することで、プレーの傾向を明らかにしていく。

昨季ツアー2勝、国内賞金ランキング2位となった西村は米国ツアー挑戦のため昨年末に行われた「LPGA Qシリーズ」に出場。米ツアーメンバー入りを果たしたものの、概ねの出場権を獲得できる20位には入れず。試合数は限られるが、それでも挑戦することを決めていた。

◆西村優菜、来季の米ツアー挑戦を明言 出場限定的も黒ドレスで決意「向こうで頑張る」【JLPGA年間表彰式】

◆「あれだけ愛される選手は、もう出てこない」ゴルフ界の一時代を築いた女王イ・ボミの素顔

◆渋野日向子、日本人初のFULL SWING JAPANアンバサダー就任「世界への挑戦を支えてくれると確信

Advertisement


文●SPREAD編集部