Advertisement

【WBC】“死の組”プールDが大混戦 ドミニカ共和国がイスラエルにコールド勝ちで2勝1敗 プエルトリコとの直接対決で決着へ

 

【WBC】“死の組”プールDが大混戦 ドミニカ共和国がイスラエルにコールド勝ちで2勝1敗 プエルトリコとの直接対決で決着へ
ドミニカ共和国の主砲マチャド(C) Getty Images

野球世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)の1次リーグは日本時間15日、プールDでドミニカ共和国がイスラエルと対戦。10-0で7回コールド勝ちを飾った。

◆【実際の映像】ドミニカ共和国の主砲マチャド、左翼スタンドへ叩き込んだ2戦連続弾

■マチャドが2試合連続弾

ドミニカ共和国は初回、エロイ・ヒメネスのタイムリーで先制。3回にはマニー・マチャドが2試合連続の第2号ソロを放つなど追加点をあげる。さらに、6回にもビッグイニングを作るなど、イスラエルを寄せ付けなかった。

この大勝で2勝1敗としたドミニカ共和国はプールDで3戦全勝のベネズエラに続き、プエルトリコと並んだ。日本時間16日の8時からドミニカ共和国とプエルトリコが直接対決。首位を走るベネズエラが最終節はイスラエルと対戦することから、両者にとって準々決勝ラウンド進出に向けた決戦となることが濃厚だ。

ベネズエラ、ドミニカ共和国、プエルトリコによる“死の組”の争いを制し、準々決勝ラウンドへ進むのはどこになるのか。最終節の戦いから目が離せない。

◆【実際の映像】ドミニカ共和国の主砲マチャド、左翼スタンドへ叩き込んだ2戦連続弾

◆“死の組”プールDでベネズエラが3戦全勝 プールCではカナダが首位タイ浮上

◆史上最強アメリカ代表連覇に暗雲 メキシコ打線爆発で投手陣崩壊、大敗を喫す

文●SPREAD編集部

Advertisement