【WBC】史上最強アメリカ代表連覇に暗雲 メキシコ打線爆発で投手陣崩壊、大敗を喫す

 

【WBC】史上最強アメリカ代表連覇に暗雲 メキシコ打線爆発で投手陣崩壊、大敗を喫す
アメリカに大勝し歓喜するメキシコ代表メンバー  (C) Getty Images

野球世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は第1次ラウンド・プールCで12日(日本時間13日)、アメリカ対メキシコが行われ、連覇を狙うアメリカ代表がメキシコに5―11で大敗を喫した。

◆【実際の映像】チームメート対決、サンドバルがトラウトを三振に

■94年生まれでデビューも一緒

メキシコは元オリックスのジョーイ・メネセスが初回に2ラン、そして4回には3ランを放つなどビッグイニングを作り序盤からリードを築くと、8回にもタイムリー3本を集中させ11点を奪った。

一方のアメリカは自慢の最強打線が機能せず、7回までわずか2点に抑え込まれた。8回裏にマイク・トラウトが歩きチャンスをお膳立て、満塁と攻め立て3点をもぎ取ったが、ここまで。一次ラウンドを1勝1敗とした。

アメリカ代表は最強のラインナップをそろえながら、精神的支柱と思われたクレイトン・カーショーが出場に対する保険金問題で辞退を余儀なくされ投手陣に不安を抱えていたが、この日はその弱点が露呈して形となった。

◆大谷翔平と“たっちゃん”も大爆笑 牧秀悟の試合前円陣が話題「あとから行く人たち、もう準備できてます」

◆佐々木朗希の162キロ死球を受けたエスカラは韓国戦出場 彼のあだ名は「岩石」とチェコ・サイトが紹介

◆え? 大谷翔平が牧秀悟へ特別に“デスターシャ” 披露 初回3ラン後にパフォーマンス

文●SPREAD編集部

Advertisement