Advertisement

【WBC】“死の組”プールDでベネズエラが3戦全勝 プールCではカナダが首位タイ浮上

 

【WBC】“死の組”プールDでベネズエラが3戦全勝 プールCではカナダが首位タイ浮上
ホームインするエンゼルス所属ベネズエラ代表ルイス・レンヒフォ (C) Getty Images

野球世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)の1次リーグは14日(日本時間15日)プールC、プールDがそれぞれ米アリゾナ州、フロリダ州で行われ、“死の組”と呼ばれるプールDでベネズエラニカラグアに4-1で勝ち、3戦全勝。ニカラグアは4連敗で敗退が決まった。

◆「なぜ2選手を選んだ」大谷翔平、投打“二刀流”の活躍で1次ラウンド・プールBのMVPに選出

■カナダも2位浮上

また、多くのメジャーリーガーを抱え優勝候補筆頭とされるドミニカ共和国は、同じ1勝1敗のイスラエルと日本時間15日8時から対戦中。プールDはプエルトリコが2勝1敗、現在はベネズエラに続き2位につけている。

プールCのカナダコロンビアに5-0と完勝。2勝1敗でアメリカと同組首位に浮上した。

◆ヌートバー死球と佐々木朗希、与死球に見る日韓野球の質の差 チェコ選手の反応と好感度

◆米メディアが優勝オッズ発表 侍ジャパンは投手力評価、識者は“大本命”の問題点指摘「不運に見舞われた」

◆「米国では見られない光景」大谷翔平の“第1号”ボール、ファン同士で共有する日本人に米アナリストが関心

文●SPREAD編集部