【プロ野球】2013年WBC出場の鳥谷敬が今季注目する侍戦士は源田壮亮 「骨折した中で世界一の輝き」

 

【プロ野球】2013年WBC出場の鳥谷敬が今季注目する侍戦士は源田壮亮 「骨折した中で世界一の輝き」
WBC、甲斐のスローイングを好捕した源田のタッチ(C)Getty Images

2013年ワールド・ベースボール・クラシックWBC)の侍ジャパン・メンバーで、野球解説者の鳥谷敬は23日、都内で行われた「スカパー!プロ野球2023開幕PRイベント」に登壇。14年ぶりとなる世界一奪還について振り返りつつ、今季のプロ野球シーズンを展望した。同イベントにはスカパーの新CMに出演しているお笑いトリオ「ハナコ」の菊田竜大、秋山寛貴、岡部大も登場した。

◆13打点で大会新記録の吉田正尚がレッドソックス合流 指揮官は「MVPは彼」と大絶賛

■骨折プレー「めちゃくちゃ痛い」

鳥谷は「WBCから戻ってきた選手たちがどういう活躍をするのかが楽しみ」とし、今シーズン注目のパ・リーグ野手に源田壮亮の名を挙げた。

同じ遊撃手として「骨折した中で日本を世界一に輝かせた。あの守備っていうのは世界に誇れる守備なので」と源田を評価。

右手小指を骨折しながらプレーできるものなのかと問われると、「いや、めちゃくちゃ痛いと思いますよ。投げるときに小指は基本当たらないんですけど、投げる瞬間に衝撃がくるので、投げる度に小指の痛さがあったと思う。バッティングのときは小指を掛けるものなのに、そこに掛けれないというのは痛さもあるし、力も入らないといった状況で、かなり無理してやったと思いますね」とプレイヤーの視点で源田のケガの状況を察した。

最後は「しかも結果も残してますし、守備の安定感というものも変わらない。これがシーズンに入ったら、守備とか色んなものを注目してもらいたいですね」とWBCで大活躍した侍の今シーズンの活躍を予見した。

◆連覇逃した米国がリベンジ誓う 2026年大会にはアーロン・ジャッジも参戦へ

◆「ペッパーミル・パフォーマンス」vs. 高校野球100年の歴史 学生野球憲章の意義とは…

◆侍世界一に貢献のヌートバー、カージナルス帰還に“たっちゃん”コールで熱烈祝福「国際的なスーパースター」

Advertisement


文●SPREAD編集部