【WBC】連覇逃した米国がリベンジ誓う 2026年大会にはアーロン・ジャッジも参戦へ

 

Advertisement

【WBC】連覇逃した米国がリベンジ誓う 2026年大会にはアーロン・ジャッジも参戦へ
ヤンキースのアーロン・ジャッジ(C)Getty Images

決勝で侍ジャパンに敗れた米国は連覇は逃したものの、参加した選手たちは充実感を口にした。またワールド・ベースボール・クラシックWBC)2026年大会でのリベンジを誓う姿を米メディアが報じている。

◆「大谷翔平vs.マイク・トラウト」にエンゼルスのチームメートも奮い立つ 「ポストシーズンの雰囲気感じた」とアデル

■トラウト「今まで一番楽しい大会」

アメリカの主将マイク・トラウト(C)Getty Images

米国はスーパースターを揃えながら連覇を逃したが、悲嘆にくれる姿はなかった。米紙『USA TODAY』によると、日本がシャンパンファイトを繰り広げているころ、マイク・トラウトは息子を追いかけてフィールドを走り回り、トレイ・ターナーは息子を高く持ち上げていた。マーク・デローサ監督も家族と写真に収まり、名残り惜しいのか、誰も球場を後にしようとしなかったという。

トラウトは今大会について「今までで一番楽しい10日間だった。いつもと違うんだ。何が違うのか、うまく表現できないんだけど。ただ、心がそれを感じる。特別な、本当に特別な感覚なんだ」と振り返った。

Advertisement


ティム・アンダーソンも「情熱、エネルギー、そして国のためにユニフォームを着るということが選手にとってどんな意味を持つか。これはとても大きなこと。世界のためにプレーしているんだ」と話し、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が特別な大会であることを強調。同じようにポール・ゴールドシュミット、ノーラン・アレナド、マイルス・マイコラスらも「最高の環境だった」と語った。

■「大谷と同じように金メダルを欲した」

WBCの優勝トロフィーを手にした大谷翔平(C)Getty Images

また、ベンチコーチのマイケル・ヤングは「選手たちは大谷翔平と同じように金メダルを欲していた。少し誤解されているような気がする。米国が日本よりも金メダルを求めていないというのは虚構だ」とし、日本よりタイトルに懸ける思いで劣っていたという声を否定した。

Advertisement


その上で『USA TODAY』は、やはり米国の課題は投手と指摘。「大会がシーズン開幕の3週間前に開催され、投手がワールドシリーズ最終戦のように投げることを考えると、ケガの心配もある」という関係者のコメントを紹介。開催時期の変更などレギュレーションについて検討すべきことがあると記した。

それでも今大会の盛り上がりを受けて「すでにニューヨーク・ヤンキースのスター選手、アーロン・ジャッジが内々に2026年のWBCでプレーしたいと話しているのは不思議なことではない」とし、「彼が出場表明すれば、今回のようにトラウト、ムーキー・ベッツなどスター選手も続くのではないか」と期待を寄せた。

エース級の投手陣を揃え、ジャッジが参戦する米国と侍ジャパンの対戦はあるのだろうか。3年後が今から楽しみだ。

◆3打点で大会新記録の吉田正尚がレッドソックス合流 指揮官は「MVPは彼」と大絶賛

◆「大谷翔平vs.マイク・トラウト」にエンゼルスのチームメートも奮い立つ 「ポストシーズンの雰囲気感じた」とアデル

◆2013年侍ジャパン・鳥谷敬が振り返るハイライト 「大谷選手の表情がすべての魅力」

文●SPREAD編集部

Advertisement


おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement

  • ドジャース・大谷翔平 【MLB】大谷翔平、圧巻の3ホーマー2盗塁で足でも魅了 打率は驚異の「.667」、強豪ブレーブス相手に見せた離れ業 500件のビュー
  • ダルビッシュ有(写真左)と大谷翔平(C)Getty Images 【MLB】大谷翔平、衝撃の192キロ大ファウルに騒然「屋根を粉砕」 識者が続々と速報、現地実況も感嘆の声 300件のビュー
  • 【WBC】ドジャーズのベッツも参加 最強アメリカ代表打線完成へ 100件のビュー
  • 「テンポが良すぎて」引退を表明した上原浩治の試合を振り返る思い出が面白い 100件のビュー
  • 【MLB】5連勝で5勝目を挙げた山本由伸 「彼を特別な存在にしているのは……」ロバーツ監督が好投理由を明かす 100件のビュー