Advertisement

【MLB】大谷翔平、今季初勝利へ6回10奪三振無失点の快投 最速162キロと躍動

 

【MLB】大谷翔平、今季初勝利へ6回10奪三振無失点の快投 最速162キロと躍動
開幕戦で快投を披露した大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は30日(日本時間31日)、敵地で行われたオークランド・アスレチックスとの開幕戦に「3番DH・投手」で先発出場。6回10奪三振無失点の快投で、この日はマウンドを譲った。

◆【実際の映像】「なんという球だ」大谷翔平、開幕戦で投じた162キロの剛速球

◆【実際の映像】最後のイニングで炎の101マイル奪三振

■2年連続開幕投手で躍動

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本の3大会ぶりの優勝に貢献し、MVPを獲得した大谷。シーズン開幕となった試合で投打二刀流で先発した。

初回は1番をストレートの四球で歩かせたが、後続を打ち取り無失点で切り抜けた。立ち上がりはスライダー中心の組み立てでカウントを整え、2回には2つの三振を奪った。

4回には連打を浴びピンチを招くが、この試合最速の162キロを見せるなど、この回すべてのアウトを三振で奪い、ピンチの芽を自ら摘み取った。5回には四球でランナーを一塁に置くが、毎回となる8つ目の三振を奪う。

6回にも2つの三振を奪った大谷は今季初マウンドで2桁奪三振とした。大谷は6回を投げ、2安打3四死球10奪三振、無失点。93球(ストライク55球)を投げ最速は100.7マイル(約162キロ)だった。

打っては4回の第2打席にライト前に180キロの強烈ヒットを放ち、3打数1安打。投打で躍動している。なお、試合は7回終了時、1-0でエンゼルスがリードしている。

◆米国で「ラーズ・ヌートバーの妻」として噂されるスサナ・カリッシュとは…

Advertisement


◆「大谷翔平vs.マイク・トラウト」にエンゼルスのチームメートも奮い立つ 「ポストシーズンの雰囲気感じた」とアデル

文●SPREAD編集部