Advertisement

【MLB】鈴木誠也、復活“第1号”172キロ弾 メジャー復帰に「おかえり、セイヤ!」と実況も歓迎

 

【MLB】鈴木誠也、復活“第1号”172キロ弾 メジャー復帰に「おかえり、セイヤ!」と実況も歓迎
今季メジャー初戦で第1号を放った鈴木誠也(C)ロイター/USA TODAY Sports

シカゴ・カブス鈴木誠也は14日(日本時間15日)、本拠地でのロサンゼルス・ドジャース戦に「4番右翼」で先発出場し、今季メジャー初出場。8回の第4打席に左中間への一発を放った。

◆【実際の映像】鈴木誠也、メジャー復帰初戦で放った172キロ弾 実況も「おかえり」と復帰歓迎

■WBCを辞退しマイナーで調整

2月下旬に左わき腹痛のため戦線を離脱。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表を辞退し、マイナーで調整を続けていた鈴木が、メジャー復帰戦でいきなり快音を鳴らした。

8回無死走者なしで迎えた場面、鈴木はアンドレ・ジャクソンが投じた2球目の速球を捉えると、34度の角度で打ち上った放物線が左中間スタンドへ吸い込まれる。106.8マイル(約172キロ)、406フィート(124メートル)の今季1号だった。

鈴木のこの一打には現地実況も「おかえり、セイヤ!」と復帰を歓迎した。メジャー2年目を迎えた日本人スラッガーが、自身の2023年シーズン開幕戦で早くも結果を残した。

◆【実際の映像】鈴木誠也、メジャー復帰初戦で放った172キロ弾 実況も「おかえり」と復帰歓迎

◆鈴木誠也が128メートル“復活弾” 今季“第1号”でマイナー調整順調、実況も「シカゴで会おう」と大興奮

◆公式サイトが鈴木誠也をカブス・ポストシーズン進出のキーマンに指名 「ブレイクアウトの準備できている」

文●SPREAD編集部

Advertisement