【MLB】大谷翔平、今季最多105球の力投も日米通算50勝はお預け 初の粘着物検査も笑顔で対応

エンゼルス・大谷翔平(2021年6月23日) (C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に「2番・投手」として先発出場。6回6安打1失点、9奪三振と好投したが、勝敗はつかなかった。防御率は2.58。打者としては3打数無安打で打率は.265。チームは延長戦の末に3-9で敗れ、3連敗となっている。

日米通算50勝は持ち越しとなった大谷だが、今季最多の105球を投じるなど次回以降の登板に期待を抱かせる内容であった。

◆【動画】これぞ大谷のスライダー 抜群のキレとコントロールで連続奪三振

■初の粘着物質検査にも“爽やか笑顔”で対応

大谷は直球とスライダーのコンビネーションを軸に9三振奪うなど好投。防御率1.51と好成績を残している相手先発ケビン・ガウスマンとの投げ合いになったが、大谷は今季5度目のクオリティスタート(QS)を達成し意地を見せた格好だ。

2回と4回の投球後には自身初の粘着物質検査を受け、帽子とグローブを審判に手渡すシーンも。大谷は終始笑顔で審判団からの要求に応じた。

打者・大谷」に注目が集まる一方で、今日の好投で今まで以上に「投手・大谷」にも期待が増しそうだ。

◆大谷翔平、3年ぶり3度目の「週間MVP」受賞 オールスターファン投票も2位に64万票差で独走中

◆大谷翔平、コロナ禍以降で初“フルキャパシティ”の本拠地エンゼル・スタジアムで「リアル二刀流」

◆大谷翔平、データで振り返る“左投手相手の好成績” 自己ベストの長打力を発揮中

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします