Advertisement

【MLB】前田健太 vs. 吉田正尚の侍対決は不完全燃焼 WBC打点王は22打席ぶりヒット2打点、マエケン緊急降板

 

【MLB】前田健太 vs. 吉田正尚の侍対決は不完全燃焼 WBC打点王は22打席ぶりヒット2打点、マエケン緊急降板
ミネソタツインズ・前田健太(C)Getty Images

ミネソタ・ツインズ前田健太は敵地で吉田正尚所属のボストン・レッドソックス戦に先発登板。初回、先頭打者弾を被弾し失点。その後、2回2死二塁から8番ジャレン・デュランの打球が前田の左足を直撃し緊急降板した。

◆【実際の映像】前田健太を打球が直撃、見事に処理するも、苦悶で崩れ落ちる

侍対決は右飛と1打席のみ

前田は被弾後、自ら打球を処理したが、直後にうずくまりそのまま降板。デュランの打球は約180キロだった。

吉田はこの日も「4番左翼」で先発出場。注目の侍対決は初回2死走者なしの場面。カウント2-2から前田のフォークを痛打したが、右飛に終わった。

吉田は3回の第2打席で22打席ぶりにセンター前タイムリーを放つと、8回の第5打席でも左翼線へタイムリーとし、この日は5打数2安打2打点と復調の兆しを見せた。打率.189。

試合は前田から代わったツインズの2番手パガンが大量失点したこともあり、レッドソックスが11-5で大勝した。

◆「ただ消える」魔球となった千賀滉大の“お化けフォーク” 米データサイトが抜群のコントロールを証明

◆不正粘着物質使用で退場のシャーザー、「子供たちの人生に誓って使っていない」と潔白主張も球審は正当性を訴え

◆大谷翔平、125メートル大飛球第5号をジャッジに強奪される 「ホームラン泥棒」と実況も落胆

Advertisement


文●SPREAD編集部