【MLB】「ただ消える」魔球となった千賀滉大の“お化けフォーク” 米データサイトが抜群のコントロールを証明

 

【MLB】「ただ消える」魔球となった千賀滉大の“お化けフォーク” 米データサイトが抜群のコントロールを証明
メジャーデビュー戦で8三振を奪い初勝利をあげた千賀滉大(C)Getty Images

ニューヨーク・メッツ千賀滉大は2日(日本時間3日)のマイアミ・マーリンズ戦でメジャー初登板初勝利を挙げた。米メディアは全8三振を奪った“お化けフォーク”の切れ味に衝撃を受け、「魔球」として報道している。

◆【実際の映像】千賀滉大の「ゴースト・フォーク」対グリエルの「ゴースト・バット」

■「アンタッチャブルになった」

千賀は5回1/3を3安打1失点8奪三振でまとめ、メジャーデビューを白星で飾った。特に衝撃を与えたのは、全三振を奪った“お化けフォーク”。米メディアには「千賀が“ゴースト”を放出。結果は恐ろしく良かった」(Newsday)、「初回を乗り切った後、“幽霊”の力を借りてアンタッチャブルな存在になった」(NEW YORK POST)などの見出しが並び、称賛した。

MLBデータサイト『ベースボール・サーバント』は、千賀の投球チャートを掲載。26球を投じたフォークに関しては、高めに抜けたボールはなく、高くてもベルト付近で、ほとんどが低めに集まっていたことをイラストで示した。これを受けて米スポーツメディア『The Sporting News』は、「千賀は“ゴーストフォーク”を完全にコントロールしていた。上ずることはなく、常にベルトまたはそれ以下にとどまった。そのコントロールは快適さの証だ」と記した。

メッツ入団会見で満面の笑みを浮かべる千賀滉大 (C) ロイター

■「テーブルから落下するよう」

中堅手のトミー・ファムは「センターから見ていたけど、打者は嫌がっていたね。まるでテーブルから落下するようだった」とコメントし、フォークの垂直落下ぶりを表現。また、メッツのジェレミー・ヘフナー投手コーチは「カットボール気味に落ちることもあれば、フェードボールのように切れていくこともある。もちろん、まっすぐ落ちることもある。奇妙な回転をするんだ」と明かした。

平均落差は約81センチで最大104センチにまで達した千賀のフォーク。投じた26球に対して打者は14回のスイングをかけ、そのうち9回が空振りで、空振り率は64%を記録。まさに「魔球」となったボールに対し、『The Sporting News』は、「ただ消える」と記し、分類のしようがないボールだと指摘した。

デビュー戦で衝撃を与えた千賀。ライバル球団が練るであろうゴースト対策を突破し、輝き続けることができるか。今後の登板から目が離せない。

◆【実際の映像】千賀滉大の「お化けフォーク」と156キロ・ストレートの落差をオーバーレイ

Advertisement


◆【実際の映像】初先発の千賀滉大、「お化けフォークにひざまずけ」デビュー戦で8奪三振

◆千賀滉大、開幕前最後の実戦でお化けフォーク解禁し9奪三振 「心強かった」と上原浩治氏の助言に感謝

文●SPREAD編集部