Advertisement

【ボート/桐生】伸び抜群「24号機」山崎小葉音 自身2度目の優出なるか 上毛新聞社杯

 

【ボート/桐生】伸び抜群「24号機」山崎小葉音 自身2度目の優出なるか 上毛新聞社杯
若松への斡旋で前検入りする山崎小葉音

ボートレース桐生「第50回上毛新聞社杯」(一般)は2日、9Rから11Rにかけて準優勝戦が行われる。注目は24号機に搭乗する山崎小葉音。予選では強烈な伸びから、まくりを決めるなど3勝を挙げる活躍。2021年9月オールレディース以来、自身2度目の優出なるか。

◆1コース毒島誠で「1ー3」の法則崩れ、椎名豊は得意の3コース 上毛新聞社杯

■準優9Rカド一撃狙う山崎

24号機は2月の第17回下野新聞社杯では和田兼輔が優勝した。

これまでの成績は、優出2回、優勝1回。山崎は、前検日から軽快な動きを見せる24号機に手ごたえを感じていた。

初日10Rは3号艇・3コース、コンマ10のSからイン櫻本あゆみを軽々と飲み込んだ。2日目7R、同レースにはSG覇者・土屋智則がいる中、5コースから圧倒的な伸びでまくり快勝。3日目は連対を外し勇み足となるが、4日目のイン戦を逃げ切り準優を決めた。

準優9R・4号艇で出走予定は山崎。Fは1本未消化で”隠れF”も、今節平均STはコンマ15と安定している。内枠3艇には関、久田、金児が構えるが、伸びでは山崎が優勢。インの関は今節平均STコンマ19と遅めなだけに、枠なり進入であればカド一撃から高配当を演出する存在となるだろう。

9R準優勝戦(締め切り予定時刻19:14)の出走予定は以下の通り。

(1)関浩哉
(2)久田敏之
(3)金児隆太
(4)山崎小葉音
(5)藤生雄人
(6)大澤風葵

◆【唐津GⅢオールレディース】長嶋万記、約7年ぶりの唐津 ドリーム機力「52号機」足落ち警戒

Advertisement


◆小野達哉が「ガースー砲」封じ今年初・当地初優勝 日刊スポーツ杯

◆GW唐津特選 峰竜太が通算94回目Vで「3・2・1・アロハ」締め

文●舟橋廉(SPREAD編集部)