Advertisement

【MLB】千賀滉大は6回無失点で4勝目、被安打わずか2の圧巻ピッチング 「魂を切り裂く速球」と分析家も絶賛

 

【MLB】千賀滉大は6回無失点で4勝目、被安打わずか2の圧巻ピッチング 「魂を切り裂く速球」と分析家も絶賛
6回無失点の投球で4勝目を挙げた千賀滉大 (C) Getty Images

ニューヨーク・メッツ千賀滉大は、5日(日本時間6日)に本拠地シティ・フィールドにて行われたコロラド・ロッキーズ戦に先発。6回を投げ4奪三振4四球無失点の投球で、今季4勝目を挙げた。与えたヒットはわずか2本だった。

◆【実際の映像】ピッチング・ニンジャも称える千賀の「切り裂く」ストレート

■4四球と制球に課題も

千賀はメジャー・デビューからの2試合をそれぞれ1失点で上々のスタートを切ったが、その後の3試合でそれぞれ4、4、2と失点を重ね、これまで3勝1敗。やや制球に苦しんでいる様子が見られた。

この日も初回から2四球でピンチに。ここでは5番のエリアス・ディアスをセカンドゴロとして無失点とする。3回も2四球でまたをピンチを招いたが、ここはセンター、ブランドン・ニモにファイン・プレーが飛び出し、難を逃れた。4回、ランドル・グリチャックに初ヒットを。6回にはディアスに2本目のヒットを許すが、どちらも難なく後続を断ち切った。

メッツは、4回にそのニモがソロ・ホームラン。千賀は6回をもって勝ち投手の権利を保持し、マウンドを譲った。

この日の投球に「ピッチング・ニンジャ」として知られる分析家のロブ・フリードマン氏は「千賀はミスター・ゴースト・フォークだ。だが(打者の)魂を奪うのは、切り裂く速球だ」とアニメ付きで投稿、絶賛した。

試合はメッツ救援陣が1点を死守。9回一死三塁のピンチも、アダム・オッタビアーノがしのぎ切り、ロッキーズを零封、勝ちをもぎ取った。

千賀はこれで、4勝1敗、防御率を3.38とした。

◆【実際の映像】ピッチング・ニンジャも「消える魔球」と称賛、千賀滉大の「フォーク」

Advertisement


◆千賀滉大、大量リードも5回途中4失点で無念の降板 石井一久以来2人目の日本人デビュー3連勝を逃す

◆千賀滉大の快投にスタジアムは“お化け祭り”  「ニューヨークは彼を抱きしめた」と地元紙も興奮

文●SPREAD編集部