Advertisement

【MLB】大谷翔平 vs. 吉田正尚、侍ジャパン対決第2章はWBC MVPが俊足で辛勝 エ軍も連勝

 

【MLB】大谷翔平 vs. 吉田正尚、侍ジャパン対決第2章はWBC MVPが俊足で辛勝 エ軍も連勝
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は23日(日本時間24日)、本拠地でのボストン・レッドソックス戦に「3番DH」で先発出場。4打数1安打と“俊足”で観客を沸かせた。

◆【実際の映像】大谷翔平、一塁への“俊足”内野安打で出塁 実況も「非現実的だ」と思わずつぶやいた場面

■2試合ぶりのヒットは「足」

前日の吉田正尚との侍ジャパン対決初戦では、3打数無安打2三振に倒れた大谷。この日は第1打席に足で魅了した。

大谷は1回の第1打席、相手先発ブライアン・ベイオの3球目のチェンジアップを引っかけたボールは一塁へ。ベイオがベースカバーに向かうも大谷の俊足が勝り2試合ぶりにヒットを記録。この「一塁ゴロ内野安打」には実況も「非現実的」と興奮冷めやらぬ様子だった。

2戦連続マルチと好調の吉田正尚だったが、この日は4打数無安打と快音は響かず。連続試合安打も6試合でストップした。

試合はエンゼルスがマイク・トラウトの2ランなどの活躍もあり4-0でレッドソックスを下し、カード2連勝を決めた。

◆大谷翔平、キング争いに加わる豪快126メートル第11号弾 実況も「劇的なショウヘイ、なんてスイングだ」と驚愕

◆大谷翔平、連敗止めた先制第10号 バットの先でも驚愕の技あり115メートル弾

◆「一生に一度の選手」5勝目を挙げ9号アーチを放った大谷翔平に敵軍も脱帽「彼は特別な才能を持っている」

Advertisement


文●SPREAD編集部