Advertisement

【MLB】ダルビッシュ有が6回3失点3勝目 打球直撃でマウンド騒然も熱投

 

【MLB】ダルビッシュ有が6回3失点3勝目 打球直撃でマウンド騒然も熱投
パドレスのダルビッシュ有(C)ロイター/USA TODAY Sports

サンディエゴ・パドレスダルビッシュ有は23日(日本時間24日)、敵地でのワシントン・ナショナルズ戦に先発登板。6回を投げ連続被弾などで3失点ながら今季3勝目を挙げた。

◆【実際の映像】154キロのストレートと143キロのスプリットの落差で打者を幻惑するダルビッシュ有

■打線の援護で3勝目

好投を続けながらパドレスの強力打線になかなか援護されないダルビッシュだったが、この日は違った。初回、2点の援護点をもらい3回までは併殺含むでいずれも3者凡退と上々の立ち上がり。

この投球には「ピッチング・ニンジャ」こと投球分析家のロブ・フリードマン氏もSNSに連続投稿。ダルビッシュのストレートとスプリットの落差を紹介した。

4回、先頭の1番レーン・トーマスが放った痛烈なライナーが、ダルビッシュを襲い右腰付近を直撃。これにはベンチから指揮官が飛び出すなど、マウンド上は一時騒然としたが、そのまま続投。この回まで無失点とした。

だが3点リードで迎えた5回、2死一塁から2者連続で本塁打を許し、同点とされる。

またも勝敗つかずかと思われた6回にフェルナンド・タティスJr.の犠牲フライでパドレスが加点。ダルビッシュに勝利投手の権利が転がり込んだ。

試合はパドレスが7ー4と快勝。ダルビッシュは6回を投げ6安打3失点4奪三振1四球。今季3勝3敗で防御率は3.67とした。

◆【速報】「激しく燃えている」鈴木誠也、8試合で5本塁打と12試合9本塁打の同僚と“絶好調コンビ”形成 明日は千賀滉大と対戦

Advertisement


◆【実際の映像】「サイズが鎌ヶ谷なんですよね」ダルビッシュ有、標高2200メートル、メキシコ登板での奮闘劇

◆ダルビッシュ有、秘打「G線上のアリア」に崩れ今季初黒星も「本来の姿に戻った」と指揮官は太鼓判

文●SPREAD編集部