Advertisement

【MLB】大谷翔平、5試合ぶり豪快13号もチームは力負け “なおエ”はインドネシアでも話題に

 

【MLB】大谷翔平、5試合ぶり豪快13号もチームは力負け “なおエ”はインドネシアでも話題に
特大の今季13号を放ったエンゼルスの大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は30日(日本時間31日)、敵地でのシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番DH」で先発出場。4回に5試合ぶりとなる13号ソロを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、5試合ぶり13号はセンター方向への特大弾 実況「また月まで打った!」と絶叫

■打率は.263と下降

前日に4打数無安打1死球に終わり、直近7試合の打率が.111の大谷。その不振を払拭する豪快な一打が飛び出した。

大谷は第1打席、中飛に倒れるも1-1の同点で迎えた4回の第2打席、相手先発ルーカス・ジオリトの3球目の高めのストレートを捉えると、ボールは打った瞬間それと分かる当たりでセンター方向へ。飛距離435フィート(約133メートル)、打球速度110.2マイル(約177キロ)、打球角度30度の一打だった。24日(同25日)のボストン・レッドソックス戦で今季12号を放って以来となった。

前日、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジは16号、17号を放ち、ホームラン王争いで今季も独走体制を築く気配を感じさせていた。今季のMVPレースのためにも、大谷はここで追撃したいところだ。

大谷はこの日、4打数1安打1打点で打率は.263。

大谷の一発で勝ち越しに成功したエンゼルスだったが、5回に先発のタイラー・アンダーソンが3本の二塁打を含む猛攻を許し5失点と炎上。試合は3ー7で敗れ、連勝とはならなかった。

この敗戦にはMLBインドネシア版もSNSに「大谷翔平がホームランを放ち、それでも負けるエンゼルス」と画像を投稿。どうやら「なおエ」は、日本のみならず、東南アジアでも定番となったようだ。

◆【実際の画像】MLBインドネシア版に投稿された「なおエ」のイラスト

Advertisement


◆大谷翔平がドーム天井直撃破壊場外ホームラン…とは『THE SPECTACULAR SHOHEI』の第1話

◆大谷翔平、右ひざ付近に152キロ死球直撃で絶叫・苦悶の表情 「すべてのファンが息を呑んでいる」と実況

文●SPREAD編集部