「宇野昌磨以来」「ハマりそう」アイスホッケー選手がフィギュアにハマりそう

3月12日までロシアで開催されていたユニバーシアード冬季競技大会。この大会にアイスホッケー代表として参加していた蓑島圭悟選手がツイッターを更新し、フィギュアスケートについて「ハマりそう」と語った。

「超カッコいい」

簑島選手は2017年に札幌で行われたアジア冬季競技大会にも日本代表として出場。その際、フィギュアスケート競技には宇野昌磨選手が出場し、優勝を飾っている。

競技は違えど同じ大会に出場していた蓑島選手は宇野選手の姿を見ており、およそ2年たった今でも覚えていた様子。しかしその後フィギュアスケートを観る機会は全くなくなってしまったようだ。

簑島選手の投稿を読むに、今回のユニバーシアード選手権ではフィギュアスケート日本代表選手の演技を観戦する機会があった模様。その演技を見て「超カッコいい」と感銘を受けた様子だ。

また、入場行進か何かの機会に、フィギュアスケートの選手たちとも打ち解けたようだ。

今回、簑島選手は競技施設内で撮ったと思われるオフショットを公開。フィギュアスケート選手の中村優選手(写真左)、佐藤洸彬選手(写真右)の間に入り、氷上で活躍する選手トリオで写真に写った。

簑島選手はフィギュアスケートファンについて「日本に帰ったら絶対観に行く」とまで公言。すっかりハマった様子の蓑島選手が、今後フィギュアスケートを観戦したと報告する日も近いかもしれない。

≪関連記事≫

スケート香港代表と日本代表が仲良くごはん!ユニバーシアードの思い出を投稿

これで見納め!?友野一希がダフト・パンクに乗せてロボットダンスを披露

三原舞依が凱旋帰国!自身が出場しない世界選手権の日本代表へエール

「こんな可愛い天使が主将とか…」三原舞依が主将として見事な演技を披露

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします