「彼女と帰るとか、したかったな」相席・山添が語る太田雄貴の言葉

北京五輪・フルーレ個人で銀メダルを獲得するなど、日本フェンシングのエースとして活躍した太田雄貴さん。その太田さんが思わず漏らした言葉について、幼馴染である、お笑いコンビ・相席スタートの山添寛さんが語ったことがある。

山添さんが思い出話を披露したのは、ネット配信番組「よしログ」。相方の山崎ケイさんと2人でトークを担当した回のことだ。

山添さんによると、子供の頃の太田さんは「5秒とか3秒とかで行けるような近所」に住んでいたとのこと。しばらく交流がなかったが、共通の友人を介して幼馴染が集まる機会があり、山添さんと太田さんは20年ぶりの再会を果たしたという。

再会を喜び、お酒がすすんだ山添さんと太田さん。すっかりベロベロになるまで酔っ払ったころ、太田さんがポツリと「みんなみたいに学校帰りに彼女と帰るとか、したかったな」と漏らしたそうだ。

山添さんが言うには、太田選手は小学校時代から練習漬けで、同世代と遊ぶこともままならなかったとのこと。高校時代は自身の練習を終えたあと、中学生の指導に行くほどの日々だったという。

そんな忙しい日々を知る山添さんだからこそ、太田さんが語った当時の思いを聞いて、胸にジーンとくるものがあったのだろう。

この甘酸っぱいエピソードに相方のケイさんも「男同士のそういうの、いいなあ……」と感慨深げなリアクション。しみじみと噛み締めていた様子だった。

≪関連記事≫

「本質は本当に一緒」太田雄貴が中田ヤスタカ・FISHBOYらと飲み会

フェンシング協会会長・太田雄貴、Twitterで自らお願い「これは、皆さんのリツイートに委ねられてます」

太田雄貴がLGBTに興味を持ったきっかけは、友人の女性フェンシング選手が男性になったことだった

羽生結弦が「日本の美しさ」「フィギュアスケートの美」を語る

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします