宇野昌磨を描いた陶墨画がすごい…「今にも動き出しそう」

フィギュアスケート選手の宇野昌磨選手の弟・宇野樹さんが3月15日にツイッターを更新。宇野昌磨選手を描いた陶墨画と共に写る宇野選手本人の様子を投稿した。

過去には伊藤美誠の絵も創作

この作品を製作したのは墨絵アーティストとして活躍する西元祐貴さん。氷上での躍動感を見事に表現している。

西元さんのインスタグラムのプロフィール欄によると、「墨絵アーティスト。龍などの古典的モチーフから、スポーツ選手やミュージシャンなど躍動をテーマとした作品を得意とする。墨絵と陶芸をコラボさせた陶墨画アーティストとしても活動。福岡県と福井県の二拠点で制作活動中」と記されている。

過去には卓球の伊藤美誠選手の絵も創作するなど、多岐にわたるスポーツをアートで表現しているようだ。

ファンからは絶賛の声

宇野選手の絵を見たファンからは「凄い躍動感」「今にも動き出しそう」と言った声が上がっていた。

いよいよ3月21日から世界フィギュア選手権男子シングルに登場する宇野選手。絵のごとく躍動感あふれる演技から目が離せない。

≪関連記事≫

卓球を練習する宇野昌磨が本気モード?感じられる兄弟仲の良さ

「宇野昌磨以来」「ハマりそう」アイスホッケー選手がフィギュアにハマりそう

宇野昌磨の未公開写真も!『25ans』4月号特別付録は完全保存版ポストカード

宇野昌磨のよちよちした歩き方が「ペンギンみたいでかわいい」と話題に

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします