鈴木愛が単独首位に浮上、2打差で山下美夢有、原英莉花、川岸史果の3人が追う 三菱電機レディス2日目

 

鈴木愛が単独首位に浮上、2打差で山下美夢有、原英莉花、川岸史果の3人が追う 三菱電機レディス2日目
女子ゴルフの鈴木愛(C)Getty Images

女子ゴルフの国内第34戦「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」(埼玉県・武蔵丘ゴルフコース/6650ヤード、パー72)は28日、第2ラウンドが行われ、鈴木愛が7バーディ、2ボギーの67で回り、通算9アンダーで単独首位に浮上した。2打差7アンダー2位タイに山下美夢有原英莉花川岸史果の3人がつけている。

◆渋野日向子、古江彩佳、山下美夢有、岩井ツインズ…中心選手たちはいったい何位に…最新世界ランキング

■パット巧者・鈴木の技が冴える

雷雲接近のため、1時間遅れでのスタートとなった2日目。その後は天候に恵まれたものの、スコアメイクに苦しむ選手が多く、混戦の度合いが一層深まった。

首位と1打差4アンダー4位タイで出た鈴木は、1番、2番連続バーディで早々に単独首位に立つ。だが、首位タイでスタートした山内日菜子と仁井優花が1番バーディですぐさま追いつく。4番パー3、仁井はティーショットでグリーンを外したが、右カラーからチップインバーディを決め、7アンダー単独首位に躍り出る。

先を行く鈴木は7番、2打目をベタピンにつけタップインのバーディ。最終組の山内も6番で2打目を右手前1メートルに寄せバーディ。これで再び3人が首位に並んだ。

7番、山内と仁井はともにパーオンできず、この日初めてのボギー。続く8番パー3、仁井のティーショットはピン左手前に着弾、ボールは傾斜に乗ってカップに吸い込まれる、起死回生のホールインワン。一気に8アンダー単独首位に立つ。

最終組の2つ前でラウンドする鈴木は9番パー5、3打目をピン手前2メートルにつけバーディ。首位に並んで前半を終えた。仁井は9番パー、山内はボギー。

この間、首位との差を詰めてきたのが竹田麗央と山下。2打差4アンダー4位タイから出た竹田は前半3バーディ、ノーボギー。4打差1アンダー18位タイからスタートした山下は14番終了時点で6バーディ、ノーボギー。この結果、鈴木・仁井8アンダー、竹田・山下7アンダー、山内ら4人が5アンダーで、最終組はバックナインへと向かった。

首位タイの仁井は最難関10番でパーオンできず、この日2つ目のボギー。鈴木が単独首位に立つ。一方、前半2つ伸ばして折り返した原が、11番バーディで2打差6アンダー単独5位まで順位を上げてくる。

Advertisement


鈴木は12番パー3、ティーショットが左バンカーに捕まり、寄せ切れずボギー。原は13番バーディとし、この時点で鈴木、仁井、竹田、山下、原の5人がトップタイに並ぶ。

続く13番、鈴木はすぐにバウンスバックし、単独首位を奪い返す。第6組で回る山下は、15番以降はパーでまとめ、この日のベストスコア66。通算7アンダーでホールアウトした。

最終組の仁井は12番、竹田は13番、原は15番でそれぞれ落とし、8アンダー単独首位に鈴木、7アンダー単独2位に山下となる。鈴木は15番パー3、左手前2メートルのバーディチャンスにつける。これを見事に沈めてバーディ。2位との差が2打に開く。

追う立場になった仁井と竹田はともに14番でも落とし、首位との差が広がる。鈴木は16番パー5で3打目がベタピン。これを難なく沈めて連続バーディ。2位と3打差、ただ一人2けたの10アンダーに伸ばす。

原は18番パー5で2オンに成功、イーグルチャンスにつける。イーグルとはならなかったが、明日につながるバーディフィニッシュ。また、前半1つ伸ばすにとどまった川岸が終盤追い上げた。13番、18番バーディで、山下、原と並ぶ通算7アンダー2位タイに浮上した。

鈴木は17番でこの日2つ目のボギーを喫したが、18番は手堅くパーでまとめ、単独首位を守って2日目を終えた。ショット、パットとも冴えた鈴木の一日だったといっていい。

明日の最終組は、鈴木、山下、原という優勝経験豊富な実力者のペアリングとなる。天候に恵まれそうだが、硬く速いグリーンは一層仕上がるだろう。目の離せない最終日になる。

Advertisement


■主な上位選手順位

上位選手の主な順位は以下の通り。

1位/9アンダー/鈴木愛
2位タイ/7アンダー/山下美夢有、原英莉花、川岸史果
5位タイ/6アンダー/竹田麗央、仁井優花
7位/5アンダー/岩井明愛
8位タイ/4アンダー/岩井千怜、リ・ハナ(韓国)、後藤未有、藤田さいき

菊地絵理香、菅沼菜々、小祝さくら、鶴岡果恋、山内日菜子は2アンダー14位タイ。桑木志帆、ささきしょうこは1アンダー20位タイにつけている。

なお、有力選手のうち、尾関彩美悠、高橋彩華、野澤真央、内田ことこ、青木瀬令奈、申ジエ(韓国)、佐藤心結、永井花奈、金澤志奈、佐久間朱莉、川﨑春花は予選落ちとなった。

◆渋野日向子、古江彩佳、山下美夢有、岩井ツインズ…中心選手たちはいったい何位に…最新世界ランキング

◆女子ゴルフ原英莉花にどよめき「おお~!」 最終18番で豪快2オン炸裂、2位で最終日へ

◆プロ2年目の21歳・仁井優花がホールインワン達成! 傾斜使ったスーパーショットに現地騒然

文●河野道久