Advertisement

久保建英、10分での大暴れは「ビジャレアルにとっての悪夢」 スペイン紙が高評価「ゴールとアシストという最も決定的なプレー」【ラ・リーガ】

久保建英、10分での大暴れは「ビジャレアルにとっての悪夢」 スペイン紙が高評価「ゴールとアシストという最も決定的なプレー」【ラ・リーガ】
レアル・ソシエダの久保建英(C)ロイター

「日本人はいつも違った特徴を示す。ゴールとアシストを決め、最も決定的なプレーを見せた」

スペイン紙の『as』がこう高く評価したのは、レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英だ。

ラ・リーガ第16節のビジャレアル戦、久保は38分にCKからミケル・メリーノの先制点をアシストすると、サインプレーでマルティン・スビメンディが決めた2ゴール目にも関与。さらに前半アディショナルタイムには、自らゴールも奪った。

◆【実際の映像】久保建英、今季6ゴール目含む圧巻の1G1A 古巣ビジャレアル相手に見せた殊玉のプレー集

■スペイン紙『as』がレポート

約10分で3ゴールを生み出した久保の活躍ぶりについて、スペイン紙『as』は次のようにレポートした。

「久保のコーナーキックからメリーノが頭でネットを揺らす。そして次のコーナーキックでは、久保がボールを持ち替えてペナルティエリア手前の(アルセン・)ザハリャンに短く流し、ザハリャンが強烈なシュート。これを狭いエリアにいたズビメンディがゴールに押し込んだ。しかし、ビジャレアルにとっての悪夢はこれで終わらなかった。レアル・ソシエダのGK(アレックス・)レミロに決定機を阻まれたあと、前半のラストプレーではメリーノからボールを受けた久保にシュートを決められた」

0-3で敗れたビジャレアルにとって、10分で大暴れした久保は「悪夢」のような存在だったのは確かだろう。得点シーンも、一気に相手GKとの1対1に持ち込んだファーストタッチから、ニアをぶち抜いた冷静なフィニッシュまで、他のアタッカーには見られない高度なスキルだった。

チームトップスコアラーでキャプテンのミケル・オヤルサバルや、左ウイングのアンデル・バレネチェアが欠場したなか、攻撃の牽引車としてハイパフォーマンスを披露した久保。次の公式戦、12月12日(日本時間13日)に行われるチャンピオンズリーグのインテル戦ではどんな活躍を見せてくれるのか、期待が高まる。

◆【実際の映像】久保建英、今季6ゴール目含む圧巻の1G1A 古巣ビジャレアル相手に見せた殊玉のプレー集

Advertisement


◆【実際の映像】久保建英、「MVPに返り咲いた」と絶賛の今季6ゴール目 1対1を制しての逆足フィニッシュ

◆久保建英、三笘薫の市場価格は…… サッカー日本人選手市場価値ランキング 2023年10月19日更新

文●SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします