もしもイニエスタが来日したら…イニエスタbot「ワイが凍結される」

今シーズン限りでスペインのFCバルセロナを退団する、スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタ選手。

当初は中国スーパーリーグのクラブへ行くものと見られていたが、ここにきてJリーグのヴィッセル神戸加入が噂され始めた。

ヴィッセル神戸の親会社である楽天は、FCバルセロナの大口スポンサーでもあり、まったくの無縁というわけではない。

ヴィッセル神戸には元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキ選手もおり、獲得が実現すればワールドクラスのタレントが二枚揃う。
※しかし、9日に三浦淳寛スポーツダイレクターは現時点での獲得の可能性を否定している。

ヴィッセル神戸・ポドルスキ、イニエスタのバルセロナ退団に惜別コメント…「あなたのプレーは常に美しかった」 | SPREAD

Jリーグ史上最高年俸を大幅に更新するのは確実とみられるイニエスタ選手の移籍。サッカーファンが固唾を呑んで見守るなか、別な角度から戦々恐々としている(?)人物がいる。

その人物とはツイッターで活動するイニエスタbotさんだ。

イニエスタ来日でイニエスタbotが凍結?

「イニエスタbot」とは43万人以上のフォロワーを持つ人気アカウントで、イニエスタ選手の写真をアイコンに設定しているが、もちろん本人とは関係ない。

「ワイ」や「ぴょまえら」など独特の言葉使いとギャグセンス、謎の動画編集テクニックの高さがウケている。

イニエスタ選手の退団が正式発表された日には、「16年間クソお世話になりました!」と、まるで本人かのように別れの挨拶。

Jリーグ移籍の可能性で『イニエスタ』がツイッターのトレンド1位になった際は、「待っててな」と来日を勝手に予告していた。

おもしろツイートで見る人を楽しませるイニエスタbotさんだが、もし本当にイニエスタ選手がJリーグに来るとしたら、本人のブランドやイメージを損なうとして、お叱りを受ける可能性もなきにしもあらず。

5月8日にツイッター上で大喜利「イニエスタがヴィッセル神戸に加入したら起こりそうなこと選手権」が開催されると、即座に「ワイが凍結される」と答えていた。

様々な巡り合わせで生まれた渾身の投稿には、「このお題待ってました感出てて草」「本人じゃないのにご本人登場みたいなノリやめろwwwwww」などの反応が寄せられている。

過去にはミシュランが個人サイトに名称変更を求めた

日本では2010年に個人サイト『ねたミシュラン』が、ミシュラン社からサイト名の変更とドメイン名(netamichelin)の使用差し止めを求められた事例がある。

2007年に『ミシュランガイド東京』を初めて発売したミシュラン社は、2009年に『ミシュランガイド京都・大阪』を、2010年には『ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉』を発売して、積極的に日本での活動を拡大していた時期でもあった。

『ねたミシュラン』自体は2003年ころからあるサイトだが、ミシュランガイドの活動が本格化することによって、時間差で発見されてしまったような形だ。イニエスタbotさんの運命やいかに。

 

イニエスタがヴィッセル神戸に入団合意…イニエスタbotも反応「楽天ポイントで土地買おかな」

ヴィッセル神戸・ポドルスキ、イニエスタのバルセロナ退団に惜別コメント…「あなたのプレーは常に美しかった」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします