原口元気&宇佐美貴史の合同誕生会が楽しそう!金城ジャスティン俊樹から顔面ケーキを受ける

ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのMF金城ジャスティン俊樹選手がインスタグラムを更新して、原口元気選手と宇佐美貴史選手の合同誕生日会の様子を伝えている。

生年では原口選手が1991年、宇佐美選手が1992年と1年違いだが、月日では原口選手の5月9日に対して宇佐美選手は5月6日で数日しか違いがない。

互いの顔がプリントされたTシャツで祝い合う

最終節を残して来シーズンの1部昇格が決まっているデュッセルドルフ。このチームで戦ってきた日本人トリオは、すっかり親睦を深めている。

誕生日会では金城選手、原口選手が『貴史誕生祭』の文字と宇佐美選手の顔がプリントされた青いTシャツ、宇佐美選手が『元気誕生祭』の文字と原口選手の顔がプリントされた赤いTシャツを着用した。

「元気くん、宇佐美くんHappy birthday」という金城選手は、セルカ棒(自撮り棒)での撮影風景や実際に撮った写真をアップ(投稿2,3枚目)。

3人の表情には自然な笑顔が浮かび、それを見たフォロワーからも「3人とも可愛いですね」「素敵なお写真」などのコメントが寄せられている。

顔面ケーキ2連発も笑顔の宇佐美貴史

同じ日に更新された宇佐美選手のインスタグラムでは、原口選手と共に金城選手からの顔面ケーキを受ける動画が公開されている。

見事に顔中ケーキまみれになったあと、原口選手からの追撃も受けた宇佐美選手。

生クリームとスポンジをつけた写真もアップして、「誕生日おめでとうございます!原口先輩 笑」とコメントしている。

プロ10年目に思いを馳せる原口元気

後輩たちに誕生日を祝われた原口選手もインスタグラムを更新したが、こちらはルリコ夫人と愛犬えなちゃんとの家族団らんショットを載せ、「17歳でプロデビューして、10年目」と節目の年に決意を新たにする内容だった。

「これからも変わらず一歩一歩目標に向かっていきます。いつもありがとうございます」と綴る原口選手。

サッカー選手として脂が乗っている時期に迎えるワールドカップで、世界を相手にどんなプレーを見せてくれるか注目だ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします