Advertisement

【MLB】「オオタニの逆方向へのシングルは美しい」大谷翔平、勝ち越しの左前適時打 巧みな一打に公式も賛辞

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地でのヤンキース戦に「2番DH」で先発出場。3回の第2打席にレフトへの適時打を放った。

◆【実際の動画】「オオタニの逆方向へのシングルは美しい」大谷翔平の巧みなタイムリーにMLB公式も賛辞

■ジャッジに同点HRが生まれ試合は振り出しに

前日の試合では好機に凡退するなど、5打数ノーヒットと振るわず。迎えたヤンキースとの第2戦でもチャンスで打席が回ってきた。

1-1で迎えた3回表、1死一、三塁で迎えた第2打席。大谷は相手先発ネスター・コルテス投手の6球目のフォーシームを巧みに合わせる。打球速度99.3マイル(約159.8キロ)でレフト前に運び、チームに勝ち越し点をもたらした。

この大谷の軽打にはMLB公式も反応し、X(旧ツイッター)で「ショウヘイ・オオタニの逆方向へのシングルは美しい」と称賛した。

大谷はここまで2打数1安打1打点で打率は.313。ドジャースが2-1とリードしていたが、その裏にアーロン・ジャッジ外野手に22号ソロが生まれ試合は振り出しに戻っている。

◆【実際の動画】「オオタニの逆方向へのシングルは美しい」大谷翔平の巧みなタイムリーにMLB公式も賛辞

◆「大谷翔平を崇拝して育った」15号を被弾した超大型ルーキーと大谷、“7年越し”の対戦に米記者が感動

◆大谷翔平に被弾した最強新人「力と力の勝負と呼んでほしいね」とサバサバ 「まさに必見」パ軍同僚は“天才対決”を堪能

Advertisement