Advertisement

【MLB】大谷翔平、打って走ってまた破けた 2盗塁の“激走”でユニフォームがボロボロ……

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、打って走ってまた破けた 2盗塁の“激走”でユニフォームがボロボロ……
ドジャース・大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ドジャースタジアムでのダイヤモンドバックス戦に「2番DH」で先発出場。4打数2安打1打点2盗塁と躍動したが、チームは3-7で敗れ連勝が4でストップした。

◆【実際の動画】さすがに気の毒……大谷翔平のユニフォームが滑り込むたびボロボロ!2盗塁で悲惨な姿に

■滑り込むたびに穴がドンドンと広く……

この試合、打撃に盗塁と縦横無尽に駆け回った大谷。第2打席で相手先発ブランドン・フォート投手から二塁打を放つと、すかさず三塁へ盗塁。相手捕手の送球エラーを誘って生還した。さらには第3打席でも適時打を放ち、ふたつめの盗塁を成功。失敗なしで今季13個目を記録し、ウィル・スミス捕手の適時打で生還した。

そんな中、大谷の激しいパフォーマンスに耐えられなかったのが、今季から新素材を採用したナイキ社製のユニフォーム。「透けている」「破れやすい」という不満が開幕から噴出し、問題となっている。MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーが「選手とクラブからのフィードバックは我々にとって非常に重要。我々は選手の声に耳を傾け、彼らの懸念に対処している」と声明を発表するなど、今後の改善を約束してはいるが……早急な解決は望めない模様。

今季たびたび破けている大谷のユニフォーム。しばらくは、このアクシデントからは逃れられないようだ。

◆【実際の動画】さすがに気の毒……大谷翔平のユニフォームが滑り込むたびボロボロ!2盗塁で悲惨な姿に

◆【動画アリ】大谷翔平、反撃の口火切る“165キロ”右前タイムリーでマルチ安打&2盗塁 「この男から目を離してはいけない」

◆大谷翔平は“打撃指標”の上位を席巻、タイプが異なるベッツとフリーマン 公式データで見るドジャース強力打線