Advertisement

【MLB】ベッツを二塁に戻すために……「ドジャースはビシェットを獲得すべきか」専門メディアが緊急アンケート 結果は「YES」が優勢

【MLB】ベッツを二塁に戻すために……「ドジャースはビシェットを獲得すべきか」専門メディアが緊急アンケート 結果は「YES」が優勢
ドジャースのリードオフマン、ムーキー・ベッツ(C)Getty Images

ドジャース専門メディア『ドジャース・ネーション』は23日(日本時間24日)、緊急アンケートを実施。「ドジャースはボー・ビシェット内野手(ブルージェイズ)のトレードを追求すべきか」という設問に対して、「YES」が過半数を超えた。現在遊撃を守っているムーキー・ベッツ内野手を当初の構想通り二塁へ戻す……ファンはそれを望んでいるようだ。

◆「ベッツは二塁に戻すべき」ドジャース専門メディアが遊撃手獲得を促す 候補にはブルージェイズの“2世選手”ビシェット

■「本職の遊撃手が必要」と訴える

『ドジャース・ネーション』は以前から「本職の遊撃手を獲得し、ベッツは当初の構想通り二塁で起用すべき」と提案してきた。その理由として、同メディアのダグ・マッケイン記者は「(ベッツの)守備負担を減らし、より攻撃に集中してもらうため」と説明。そして、そのプランを実現させるためには「トレードで遊撃手を獲得する必要がある」と主張した。

そこで今回、同メディアはターゲット候補のビシェット獲得についてアンケートを実施。「ドジャースはボー・ビシェット内野手のトレードを追求すべきか」という設問に対して、「YES」が58.2%、「NO」が41.8%という結果になり、ビシェット獲得を望む声が優勢となった。

ファンからは「必ずしも必要とは言えないが、彼を獲得すれば優勝は保証される」「彼はトレイ・ターナー(フィリーズ)の廉価版だ。ただ、それでベッツが二塁手や右翼手に戻れるならトレードは実行すべきだろう」「反対はしないが、むしろメイソン・ミラー投手(アスレチックス)をトレードで獲得することに力を入れてほしい」という声が寄せられた。

■ゲレーロJr.のトレード話も浮上

ブルージェイズの生え抜き遊撃手であるビシェットは、ブラディミール・ゲレーロJr.内野手とともに地元では人気の高い選手。契約は来季も残っており、今夏のトレード移籍については否定的な意見が多かった。ただ、MLB公式サイトのマーク・フェインサンド記者が先日、ア・リーグ球団幹部による「ブルージェイズはゲレーロJr.とビシェットのトレードを行う可能性がある」という発言を伝えると、風向きは一変。米メディアは一斉に2人のビッグネームの今夏移籍を報じ始めた。

そのため、『ドジャース・ネーション』もトレードで獲得できるベストな遊撃手として、ビシェットの名前を挙げた形だ。

ドジャースはベッツを二塁に戻すことを考えているのか、ブルージェイズは本当に看板選手であるビシェットを手放す気があるのか……。両チームが抱える事情が複雑に絡み合っている中、トレード市場の行方に注目が集まっている。

◆大谷翔平が固まった「ドッキリ」シーン MLB公式紹介で米ファン「彼はとてもナイスガイ」米メディアも注目

Advertisement


◆【画像アリ】大谷翔平は「あご髭を生やす友人を尊敬」 ド軍同僚と見せる微笑ましい光景に地元メディアが脚光

◆「走者としても急成長」大谷翔平を球団公式ブログが特集、状況判断のセンスを称賛「何でもこなすスーパースター」