Advertisement

【MLB】ベッツが語った“投手大谷翔平”への期待「国民の休日のよう」 地元メディアも復活に太鼓判「エースになるだろう」

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】ベッツが語った“投手大谷翔平”への期待「国民の休日のよう」 地元メディアも復活に太鼓判「エースになるだろう」
ドジャースのベッツ(写真中央)、大谷翔平(C)ロイター

大谷翔平投手は10年総額7億ドル(約1015億円)でドジャースと契約。移籍1年目のシーズンは打者専念となっており、2025年からの投手復帰に向けて準備を進めているとされる。

◆【動画あり】大谷翔平、太ももの負傷公表も「欠場するほど深刻ではない」 懸念は制限かかる走塁面「盗塁数に影響を与える」

■二刀流復活に期待

大谷の投手復帰については強力打線を形成する盟友も期待を寄せている。

地元メディア『ドジャース・ネーション』は、「ドジャースのムーキー・ベッツが来年のショウヘイ・オオタニの投球をどう見るかを語る」と題した記事を掲載。不動のリードオフマンのコメントを取り上げている。

ムーキー・ベッツ内野手は米スポーツ専門メディア『ブリーチャー・レポート』の番組内で大谷について言及。「来シーズンのオオタニの投球を見ることに興奮している」とし、「それは『国民の休日』のようなものになるだろう」と独特な表現で期待を表している。

『ドジャース・ネーション』も「ドジャースが大金で契約を結んだオオタニはエースになるだろう」と断言。2025年シーズンでは再び投打二刀流が復活し、投手での活躍にも太鼓判を押している。

2024年シーズンは打者専念となり、打撃や走塁でチームを牽引する大谷だが、来季は投手としても大車輪の活躍を見せることができるのか。

◆【動画あり】大谷翔平、太ももの負傷公表も「欠場するほど深刻ではない」 懸念は制限かかる走塁面「盗塁数に影響を与える」

◆【速報/動画あり】「オオタニの最も楽々なスリーベース」大谷翔平、2三振の不安払拭の164キロ三塁打 一塁線抜いた打球にド軍メディアも注目

Advertisement


◆【画像あり】大谷翔平は「あご髭を生やす友人を尊敬」 ド軍同僚と見せる微笑ましい光景に地元メディアが脚光