Advertisement

【MLB】大谷翔平、パイレーツ3連戦で“元二刀流”の怪物ルーキーと初対決 「トラウトやプホルス、ショウヘイを見て育ってきた」

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、パイレーツ3連戦で“元二刀流”の怪物ルーキーと初対決 「トラウトやプホルス、ショウヘイを見て育ってきた」
大谷翔平とポール・スキーンズ(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は4日(日本時間5日)から、敵地PNCパークでのパイレーツ3連戦に出場予定。第2戦には“10年にひとりの逸材”と呼ばれる大型ルーキー、ポール・スキーンズ投手との対決が組まれており、大きな話題を集めそうだ。

◆より力強く正確に、大谷翔平の“過去最高”が際立つ今季打撃指標 公式データが示した「高打率の理由」

■アナハイム近郊で育ったエンゼルスファン

スキーンズは、カリフォルニア州フラートン出身の22歳。アナハイムに隣接した街で育った、少年時代からのエンゼルスファンで「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られるロブ・フリードマン氏のYouTubeに出演した際には「トラウトやプホルス、最近ではショウヘイ・オオタニをみて育ってきたよ」と語っている。2018年、大谷の本拠地デビュー登板は現地で観戦したとのこと。

大学時代は二刀流として鳴らしており、「僕も二刀流の選手だから、オオタニの影響を大きく受けていた。彼を参考にしていたよ」とも話す。スキーンズは今季のMLB公式プロスペクトランキングで全体3位、投手ナンバーワンの評価を受けている逸材で100マイル(約160.9キロ)を優に超えるフォーシームに加え、スプリット、スライダーなどで相手打者を圧倒するパワーピッチャーだ。

今季は招待選手としてスプリングトレーニングに参加するも、開幕は3Aでスタート。非の打ち所がない投球を披露し、5月11日(同12日)にメジャー初登板を迎えた。ここまで4登板で2勝0敗、防御率2.45、22イニングで30奪三振と評判通りの滑り出しを見せている。

近い将来、メジャー屈指のライバルになるとの呼び声も高い怪物ルーキーと大谷の初対決。3連戦の第2戦にはとりわけ注目してほしい。

◆【実際の画像】ドジャースの「球団ロゴ入りパーカー」を羽織って現地入りした大谷翔平と山本由伸を公式Xが投稿 明日からの3連戦に注目!

◆【動画アリ】「この男を憎むことができない」14号を放った大谷翔平の“敬意”が、メッツファンをも魅了 「日本の文化は最高」

◆より力強く正確に、大谷翔平の“過去最高”が際立つ今季打撃指標 公式データが示した「高打率の理由」

Advertisement