【MLB】大谷翔平「1番DH」スタメン “2戦3発”となる20号アーチで「ベッツ離脱」に揺れるチームを連勝に導くか

【MLB】大谷翔平「1番DH」スタメン “2戦3発”となる20号アーチで「ベッツ離脱」に揺れるチームを連勝に導くか
ドジャース・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ドジャース大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地でのロッキーズ戦に「1番DH」で先発出場。

前日ロイヤルズ戦の死球で左手を骨折し、負傷者リスト(IL)入りしたムーキー・ベッツ内野手の代わりに、大谷がリードオフマンを務める。

◆【速報/動画あり】大谷翔平、二塁打2本猛打賞に今季16盗塁目で“新1番”が躍動 ベッツ離脱もリードオフマンがド軍をけん引

■ドジャースは打順をガラリと変更

相手先発は、29歳右腕のカル・クアントリル投手。今季は14試合に先発し6勝4敗、防御率3.30。直近7試合で5勝1敗と調子を上げている。投球内容はシンカーとフォークが全体の7割を占め、カットボール、カーブボール、チェンジアップなど多彩な変化球を駆使する。大谷とクアントリルの対戦成績は、通算9打数2安打(1二塁打)3四球1打点4三振。

前日の試合では大谷が2本塁打2打点と活躍し、先発タイラー・グラスノー投手らの無失点継投により、3-0でカード勝ち越しを決めたドジャース。一方、右肩腱板損傷が判明した山本由伸投手に続くベッツの離脱など、主力選手の故障が相次いでいる。

打順は大谷を先頭打者に、2番ウィル・スミス捕手、3番フレディ・フリーマン内野手、4番テオスカー・ヘルナンデス外野手と続くラインアップ。前日に1試合2発と好調の大谷がチームを牽引するか。ブレーブスのマルセル・オズナ外野手に並ぶ20号アーチにも期待がかかる。

試合情報

ドジャース-ロッキーズ
試合開始:日本時間6月18日(火)9時40分
中継情報:NHK BS、J SPORTS 3、SPOTV NOW、MLB.tv ※一部有料

◆【速報/動画あり】大谷翔平、二塁打2本猛打賞に今季16盗塁目で“新1番”が躍動 ベッツ離脱もリードオフマンがド軍をけん引

◆【速報/動画あり】大谷翔平、1番起用に応える173キロ右前適時打 好走塁でも魅せる、ベッツ離脱も“新リードオフマン”が初仕事

Advertisement


◆大谷翔平、MVP最有力候補に“急浮上”……ベッツ骨折でオッズに変動「獲得する初のDHになる可能性」