サッカー日本代表の選手紹介が面白い 中島翔哉は「ポメラニアンと思い飼っていた犬が…」

9月5日、カシマサッカースタジアム(茨城)にて『キリンチャレンジカップ2019 日本代表対パラグアイ代表』が行われ、2対0で日本が勝利をおさめた。

「選手紹介が競技と関係なくて面白い」と話題に

日本テレビ系列でライブ中継された今回の試合では、視聴者がdボタンを押すことで選手のプロフィールを見ることができたが、そこには競技とは関係ない内容も多く書かれていた。これまでも行われてきたものだが、今回の試合での内容を紹介していく。

『ポメラニアンと思い飼っていた犬が実は違う犬と判明』

この試合でエースナンバーの背番号10を背負った中島翔哉選手は、攻撃の起点となる活躍を見せ、パラグアイ指揮官も名指しで中島選手を絶賛した。

相手監督をも唸らせるほどの実力を備えている中島選手だが、そのプロフィールには『ポメラニアンと思い飼っていた犬が実は違う犬と判明』と記載されており、ファンの笑いを誘った。

中島選手は大の愛犬家で、過去には犬雑誌の『Shi-Ba(シーバ)』にも出演。現在住んでいるポルトガルではトイプードルジャーマン・スピッツミッテルの2匹を飼っている。

しかし中島選手は以前、元日本代表の前園真聖さんと対談した際に、愛犬であるジャーマン・スピッツミッテルをポメラニアンだと勘違いしていたことを明かしている。

ポメラニアンだと思ってポルトガルで飼ったんですけど、違っていて。ポメラニアンの祖先のスピッツの……どうなっているのかは分からないですけど、スピッツですね。いつもは『ポメラニアン』と言ってるんですけど(笑)

https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20190123/896155.html  より引用(2019年9月10日アクセス)

中島翔哉以外の選手の紹介文は?

こういったテイストのプロフィールは中島選手だけではなく、キャプテンの吉田麻也選手や堂安律選手、久保建英選手などほかの選手のものも同様にあり、注目を集めた。そのなかから一部を抜粋する。

  • 冨安健洋「趣味がなくゴルフを始めたが海外で道具がなく趣味が料理に」
  • 吉田麻也「元野球選手の下柳剛と親戚関係 信号待ちの度に炭酸水を飲む」
  • 長友佑都「先月、待望の第2子が誕生 小惑星『Yutonagatomo』がある」
  • 伊東純也「柏・山崎のSNSで寝顔公開 ファンからは『かわいい』の嵐」
  • 鈴木武蔵「宮本武蔵の兵法書は読破できず 2人の子を持つ自称『親バカ』」
  • 柴崎岳「高校時代朝4時自主トレが日課 妻が作るガパオライスが好き」
  • 大迫勇也「小学生の頃地元の相撲大会優勝 泣いて逃げるほどトマトが嫌い」
  • 橋本拳人「コーヒーが大好物と公言するも『利きコーヒー』でミス連発」
  • 南野拓実「イケメンJリーガー初代王者 1分間ハイタッチ元ギネス記録」
  • 堂安律「将来の夢はアメリカ大統領 兵庫生まれだが大の巨人ファン」
  • 久保建英「18歳の誕生日に一発芸を披露 趣味は読書で好物はいちご」

9月10日には『2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選 兼 AFCアジアカップ中国2023予選 日本代表対パラグアイ代表』が行われる。試合だけではなく、今回の選手紹介も踏まえて注目してみるのも面白いかもしれない。

≪関連記事≫
中島翔哉のキレキレ具合に、ウルグアイサポーターも「日本代表の10番は恐るべきプレーヤーだ」と賞賛

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします