五郎丸歩がラグビー日本代表にエール「新たな歴史が刻まれる」

BRISBANE, AUSTRALIA - MAY 21: Ayumu Goromaru of the reds during the round 13 Super Rugby match between the Reds and the Sunwolves at Suncorp Stadium on May 21, 2016 in Brisbane, Australia. (Photo by Jason O'Brien/Getty Images for Japan Sunwolves)

9月19日、元ラグビー日本代表の五郎丸歩選手がインスタグラムを更新し、ラグビーワールドカップ(W杯)開幕を翌日に控えた日本代表を応援した。

五郎丸選手といえば4年前のW杯では日本代表の一員としてプレー。当時世界ランク3位の南アフリカに勝利し“史上最大の番狂わせ”と呼ばれた試合では68分にトライも記録した。

今回インスタグラムにアップされたのはその当時の写真だ。

今大会でも「新たな歴史」を期待

南アフリカ戦で挙げた日本にとって24年ぶりとなるW杯での勝利を、五郎丸選手は「4年前の今日、歴史は刻まれた」と回顧。そして20日から始まるW杯では「新たな歴史が刻まれる」ことを期待した。

前回のW杯で日本はサモア、アメリカからも勝利して3勝を挙げたが、勝ち点で南アフリカとスコットランドを上回れず8大会連続の1次リーグ敗退に終わった。3勝を挙げたチームが決勝トーナメントに進めなかったのはW杯史上初のことだった。

ラグビーW杯2019は日本が舞台。地元開催で今度こそ史上初の決勝トーナメント進出を狙う日本代表に、「最高の舞台で、最高の仲間と、最高のパフォーマンスを期待してます」と活躍を願った。

五郎丸選手の激励にファンからも、新たな歴史が作られる瞬間を期待するコメントが寄せられる。

  • 明日から また新たな歴史がはじまりますね
  • 日本!応援してます!
  • 歴史刻まれた!!って言葉があれほど似合う瞬間って無いですよね
  • 今回の大会も、きっと素晴らしい事が起こりそうな…そんな気がします
  • 4年前よりより進化した日本代表が日本で観れるのを楽しみにしています

《関連記事》
五郎丸歩が指摘する社会課題…人との繋がりが軽視される中、アスリートができること

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします