クレイトン・カーショウ、幼い息子とのキャッチボールに反響 ファンは期待を膨らませる

ドジャースのクレイトン・カーショウ投手と、息子のチャーリーくんによるキャッチボールが話題だ。愛くるしい笑顔にファンは魅了され、親子2代でドジャースタジアムのマウンドに立つことを期待している。

メジャーリーグ公式サイト『Cut4』がインスタグラムにアップした写真では、練習中のグラウンドにカーショウ投手とチャーリーくんが一緒に入って来る様子が写っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Very Good Charley Content

MLB’s Cut4さん(@mlbcut4)がシェアした投稿 –

ファンからは早くもサイ・ヤング賞の期待も

パパと野球ができて楽しいのか2枚目、3枚目のチャーリーくんはニコニコと笑いながらボールを投げる。

その様子に「可愛すぎる!」「将来はドジャースで投げるよね」「チャーリーくんがチャーリーさんになった2039年にはサイ・ヤング賞を獲るからな」など、ファンも期待を膨らませていた。

4枚目の写真では、チャーリーくんの投げたボールに驚きの表情を浮かべたカーショウ選手の姿が捉えられている。

Cut4も「最後のクレイトンの顔」とツッコミを入れた1枚に、ファンからは「至近距離で97マイル(約156キロ)の火の玉ストレート投げられたんだろ」と早熟すぎる予想が寄せられた。

≪関連記事≫

前田健太、今年も石橋貴明と2ショット 1年前との変化に「どんどん体格よくなる」の声も

BTS・SUGAがドジャースタジアムへ!リュ・ヒョンジンと2ショット

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします