元近鉄ラルフ・ブライアントがツイッターを開設 初投稿は金閣寺から 近鉄を優勝に導いた伝説のホームラン王

日本プロ野球伝説の外国人助っ人がツイッターを開設した。11月8日、元近鉄のラルフ・ブライアントさんが「ファンの皆さん、元 #近鉄バファローズ のブライアントです」と投稿。

ツイッタを始めた!フォローしてね!これからいっぱいツイートします」と日本語でファンに挨拶している。

このときは番組の撮影で関西にいたというブライアントさん。「最初のメッセージで金閣寺の前がいいと思って」と金閣寺をバックに撮影した動画も載せている。

近鉄を優勝に導いた伝説のホームラン王

ブライアントさんは1988年に中日ドラゴンズと契約して来日。シーズン当初は慣れない日本野球に苦しみ、2軍で三振を繰り返していた。それでも当たれば飛ぶ長打力は脅威であり、大砲不在だった近鉄バファローズが金銭トレードでシーズン中に獲得した。

近鉄に移籍してからのブライアントさんは日本球界にも慣れ、この年は74試合で34本塁打という驚異的なペースでホームランを量産した。

翌1989年には優勝争い中だった西武ライオンズを相手に、1日2試合を行うダブルヘッダーで2試合に跨がり、敬遠四球を挟む4打数連続本塁打を達成。近鉄悲願のリーグ優勝に貢献した。

数々の伝説と思い出を残したブライアントさんには、ファンからも多くのコメントが寄せられている。

  • 奇跡の大逆転優勝につながった、西武球場でのダブルヘッダー4連発は一生忘れません
  • 近鉄バファローズも東京ドームの天井スピーカーも無くなってしまったけど、僕はいつまでもあなたのファンです!
  • 近鉄最強のホームラン・モンスターでした

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします