ラファエル・ナダル、33歳での年間1位は「家族やチームの支えがあってこそ」

男子テニスのシーズン最終戦『ATPワールドツアー・ファイナルズ』のコート上で、今シーズンの世界ランキング年間1位が確定したラファエル・ナダル選手へのトロフィー授与が行われた。

2年ぶり5度目の年間1位が確定したナダル選手は、「33歳半ばで再びこのトロフィーを獲得できるとは思っていませんでした」と感激の面持ちで語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lift it high, @rafaelnadal 🏆 Year end No. 1 for the fifth time in his career 🙌 🎥: @tennistv | #NittoATPFinals

ATP Tour(@atptour)がシェアした投稿 –

苦しい時期を乗り越えて5度目の栄冠

年間1位に輝いたナダル選手だが今シーズンは、序盤に右ヒザの故障もあり順風満帆ではなかった。得意のクレーコートシーズンに合わせて復帰したが、モンテカルロ・マスターズは準決勝で敗れ大会4連覇を逃している。このころが今シーズン最悪の時期だったと振り返る。

それでもシーズン後半に向かって調子を上げていき、全仏オープンでは大会3連覇で通算12度目の優勝を果たした。全米オープンでもダニール・メドベージェフ選手との4時間50分に及ぶ決勝を制して大会4度目の優勝を飾った。四大大会の通算優勝回数は、ロジャー・フェデラー選手が持つ歴代最多記録まで1差に迫る19に伸びた

「とても幸せです。正直に言って、私のキャリアの中で経験したことを考えると、ケガもありましたし、33歳半ばで再びこのトロフィーを獲得できるとは思っていませんでした。本当に感激しています

(c)Getty Images

ナダル選手はコートを広くカバーするフットワークと、強靱な左腕から繰り出す、他選手が真似できない強烈なスピンの掛かったボールが特徴だ。しかし数年前にヒザを痛め、続いて左手首も負傷。しばらくプレーが安定しない時期を過ごし、一時は世界ランクも10位まで落ちた。

復活の影には「多くの人の仕事がありました」とナダル選手は感謝する。

家族やチームの支えがなければ、今日ここに立つことはできなかったでしょう

 

この投稿をInstagramで見る

 

“At the age of 33 and a half, I never thought I would have my hands on this trophy again.” 😅 Congratulations, @RafaelNadal! . 🎥: @TennisTV #NittoATPFinals

ATP Tour(@atptour)がシェアした投稿 –

ラファエル・ナダル5回目の年間1位にまつわる新記録

現行のランキング制度が出来てから33歳での年間1位は最年長記録。さらに珍しい記録としては、ナダル選手は2008年、2010年、2013年、2017年、そして2019年に年間1位を獲得しているが、1度も連続した年がなく5回以上受賞したのは史上初のこと。

ATPは「初めて年間1位に輝いた2008年から、5回目の2019年まで11年間のギャップがあるのも新記録」だとしている。

(c)Getty Images

参考:https://www.atptour.com/en/news/nadal-reaction-year-end-no-1-nitto-atp-finals-2019

≪関連記事≫

ラファエル・ナダルってどんな選手?サッカーかテニスか。選択を求められた少年時代

ラファエル・ナダルが語ったメンタルコントロール術 “1000回に1回”の大逆転勝利ができた理由

ラファエル・ナダル、ATPファイナルズに出場の意向 「3位より2位、2位より1位でいたい」

ラファエル・ナダル、チャーター料数百万円のラグジュアリーヨットで過ごすオフを公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします