ナダルってどんな人?…サッカーか、テニスか。選択を求められた少年時代

1986年6月3日に、スペインのバレアレス諸島州マナコルに生まれたラファエル・ナダル選手。言うまでもなく、世界最高のテニスプレーヤーの1人だ。

ただ、「強い選手」ということは知っていても、「どんな選手なのか」ということを知っている人は少ないかもしれない。

今回はそんなナダル選手の人柄や経歴等に迫った。

(Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

サッカーか、テニスか。2人の叔父の存在

ナダル選手は両親にも愛情いっぱいに育てられたが、同選手のスポーツへの才能を磨き上げたのは、2人の叔父だった。

叔父(母の兄弟)はサッカー元スペイン代表ディフェンダーのミゲル・アンヘル・ナダル氏。ナダル選手も少年時代、ボールを蹴ることに夢中になった。

もう1人の叔父(父の兄弟)であるトニー・ナダル氏は元テニス選手でもあるテニスのコーチで、当初よりナダル選手のコーチを務めた。同氏は、2018年まで同選手のコーチであり続けた。

(c)Getty Images サッカー元スペイン代表ディフェンダーのミゲル・アンヘル・ナダル氏

左が、トニー・ナダル氏 (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

テニスとサッカーに全エネルギーを注いでいったナダル少年。

学校での成績はあまり向上しなかったことが、父親であるセバスチャン氏の頭を悩ませたこともあった。そうして同氏が「少しでも息子が勉強に時間を割くように」という思いで施した解決策の一つが、「テニスかサッカーか、一つの競技に絞らせる」ということだった。

ここでナダル選手は、テニスを選択する。この結果が少なくとも誤りではなかったことは現在に至るまでの結果が証明しているが、もしサッカーを選択していたら、現在の「テニス選手としてのナダル」は存在していなかった代わりに、「サッカー選手としてのナダル」が、ひょっとしたら名を馳せていたかもしれない。

とにかく、この決断がナダル選手の人生を変えた。「学業のために」と下したセバスチャン氏の判断が、結果としていまのナダル選手を生み出したと言ってもいい。それまで双方向のスポーツに向けられていた熱量を、一つのスポーツに注ぐことになったからだ。

もし、あのまま器用に2つのスポーツを続けていたら、どちらのスポーツも「プロ」のレベルまでには到達しなかった、かもしれない。

(Photo by AOP.Press/Corbis via Getty Images)

トップアスリートになるために、海外に行くことは必須なのか?

トニー氏のもとでトレーニングを積んだナダル選手は、左手でのフォアハンドストロークを含め、テニスの技術を凄まじい勢いで磨いていった。

8歳の時にスペイン国内の12歳以下の大会で優勝するなど、メキメキと頭角を現していった。12歳になる頃には、その才能はスペインのテニス協会の目にも止まり、協会から「より高度なトレーニングをナダル選手に受けさせるため、バルセロナに移住してはどうか」といった要請が下るまでになっていた。

しかし、この要請は、「息子が勉学に時間を割けなくなるのでは」という両親の懸念もあり、折り合わなかった。加えて、コーチのトニー氏が「私はトップアスリートになるためにアメリカや、他の場所に行くことが必須とは思えない。家の周りでも練習はできるはずだ」という考えを強調したことに、両親が賛同していたことも大きかった。

(Photo by AOP.Press/Corbis via Getty Images)

トニー氏の意見が正しかったことは、ナダル選手の結果が証明した。

15歳でプロ入りしてからは、16歳でウィンブルドン・ジュニア・トーナメントで準決勝まで勝ち進み、17歳2ヵ月で世界ランキング50位入り。18歳にはアメリカとのデビスカップ決勝にも起用され、スペインの優勝に貢献した。

続けて、全仏オープンの前哨戦となるATPマスターズシリーズのモンテカルロ・マスターズでは18歳10ヵ月で優勝。世界ランキング10位入りを果たす。続けて初出場した全仏オープンでは「19歳2日」の若さでグランドスラム初優勝を達成した。全仏オープンでの初出場・初優勝は1982年のマッツ・ビランデル以来となり、大会でも4番目の年少記録だった。

ナダル選手は、グランドスラム(1)優勝回数歴代2位(17回)、史上2人目となるキャリアゴールデンスラム(2)を史上最年少の24歳3ヵ月で達成。全仏オープン最多優勝・最長連覇記録、マスターズ1000では歴代最多となる33回の優勝記録を保持している。

(1)国際テニス連盟が定めた4大大会(全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープン)を指す総称、またはそれら全てを制覇する事。
(2)選手生活の中で、4大大会をすべて制し、さらにオリンピックで金メダルも獲得することを達成すること。

現在も、数々のテニス歴史を更新中だ。

(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

彼女との関係

ナダル選手はマリア・フランチェスカさんと長い間付き合っている。公式に付き合い始めたのは2005年からだが、その数年前から面識はあったという。しかしながら、これだけ長い期間交際しているのにも関わらず、2人は婚約や、結婚のプランなどを報告していない。事実婚状態だとされている。

(Photo by Julian Finney/Getty Images for ATP)

マリアさんは世界的プレーヤーの彼女であるが、一切のソーシャルメディアをシャットダウンし、極力メディアの注目が集まらないような暮らしを送っている。また、マリアさんは10年前にナダル選手が立ち上げた慈善団体である「ラファエル・ナダル財団」のプロジェクトディレクターとしても活動している。

ナダル選手はかつて恋愛を長く続かせる秘訣について聞かれた時、「互いを理解すること、尊敬すること、そして特に、お互いに自立すること」と簡潔ながら力強い答えをしたことがある。

マリアさんは、頻繁にはナダル選手の試合を会場で観戦しないというが、それが互いの関係を保つことにも繋がっているという。

2011年のインタビューでマリアさんは、「彼(ナダル選手)は、戦っている時には自分のスペースが必要なの。そして、ずっと彼にまとわりついて、彼の望みを一日中待っているなんて、私も疲れてしまうし。私が彼にどこまでも従った場合、うまくいかないことも増えてくると思う。私は窒息してしまうだろうし、彼はそれを心配してしまうわ」とコメントしているが、まさにこうした姿勢が、ナダル選手の言及した「お互いの自立」の考え方に合致すると言えるだろう。

お互いに近い考え方をし、自立していることがまさに長続きしていることの秘訣となっていそうだ。

(Photo by Europa Press/Europa Press via Getty Images)

家族の存在

父のセバスチャンさんは実業家で、保険会社、そしてガラスと窓の会社といった、2つの会社のオーナーでもある。母のペレーナさんは、現在は「ラファエル・ナダル財団」の社長。

しかし、2009年に2人は離婚。その年に、ナダル選手は全仏オープンで敗北したため、この離婚がパフォーマンスに影響を与えたのではないかと噂されることもあった。

実際に、この出来事についてナダル選手は「彼らは私の人生の中核でもあったが、その柱は崩れてしまった。私は絶望したし、情熱を失った。人生における全ての愛を失ってしまった」と沈んだ気持ちを素直に表現している。

のち、2011年に2人は復縁した。

ナダル選手と、母のペレーナさん(Photo by Carlos Alvarez/Getty Images)

妹のイザベルさんは5歳ナダル選手と年が離れているが、とてもナダル選手と仲が良く、常に同選手の試合を訪れている。

兄との関係について、イザベルさんは「常に昔から、友達と遊ぶときも、お兄ちゃんはいつも私を連れていってくれた。そうした関係を変だと思う人もいたけれど、私たちにとってそれは普通だった。それが、私たちの仲の良さの一つの秘訣ね」と語っている。

イザベルさん(Photo by Lalo Yasky/WireImage)

ロジャー・フェデラー選手との関係

ナダル選手の永遠のライバルであるロジャー・フェデラー選手。2人は世界最高のプレーヤーとして広く知られてきた。

両者の関係は、サッカーでいうクリスティアーノ・ロナウド選手とメッシ選手のような関係としても例えられることが多い。グランドスラムのタイトルを巡って、争うこともしばしばだ。

ナダル選手は、互いの関係をこのように語っている。

常にプラスの関係であり続けている。互いの尊敬、そしてたくさんの重要な瞬間を共有してきているし、それをいいやり方で迎え、追えている。私が誇らしく思っているところだ

フェデラー選手とナダル選手  (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

趣味は?

ナダル選手は、テニス以外ではサッカーやゴルフ、ポーカーを楽しむことがしばしばある。2014年には、モナコでポーカーの女性チャンピオンと勝負をしたことも。サッカーでは、レアル・マドリードとRCMマヨルカのファンである。

ナダル選手はかつて不可知論者(人間は神の存在を証明することも反証することもできないと考える人)だと明かしたことがある。また、犬が苦手である。

(c)Getty Images

《参考》

https://childhoodbiography.com/rafael-nadal-childhood-story-plus-untold-biography-facts/

https://www.thesun.co.uk/sport/3945964/xisca-perello-tennis-rafael-nadals-long-term-girlfriend-us-open/

https://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/rafaelnadal/8704892/Rafael-Nadal-family-crisis-destroyed-my-body-and-soul.html

《関連記事》

大迫傑が東洋大学の選手たちの質問に直接回答「前進か後退しか、マラソンには存在しない」

松岡修造がテニス解説中に”黙る”理由…「会場でポツンと見ている感覚にするのが、僕の役割」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします