ステファノス・チチパス、ATPファイナルズ優勝 勝利の瞬間は顔を両手で押さえてコートにひざまずく

英国ロンドンで11月17日まで男子テニスのツアー最終戦『ATPワールドツアー・ファイナルズ』が行われ、第6シードのステファノス・チチパス選手が初優勝を飾った。

チチパス選手は第5シードのドミニク・ティエム選手に第1セットを6-7で先取されたが、続くセットを6-2、7-6で連取し逆転で勝利した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Inches make champions. @atptour | #nittoatpfinals

Stefanos Tsitsipas(@stefanostsitsipas98)がシェアした投稿 –

優勝決定でコートにひざまずく

お互いにブレークポイントを握りながら決めきらなかった第1セットは、タイブレークにもつれ込みチチパス選手が落としてしまう。だが第2セットは序盤からチチパス選手が4ゲーム連取の勢いに乗って奪い返した。

第3セットも再びタイブレークになったが、今度はチチパス選手が制して優勝を決めた

これまでATP250大会では3勝しているが、4大大会やマスターズ1000では優勝に一歩届かなかった。初のビッグタイトル獲得にチチパス選手は優勝決定の瞬間、顔を両手で押さえコートにひざまずいた

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE NEW KING OF LONDON 👑 . 🇬🇷 @stefanostsitsipas98 becomes the first Greek player to win the #NittoATPFinals 🙌 . 🎥: @tennistv

ATP Tour(@atptour)がシェアした投稿 –

1年でBIG3全員から白星

試合の流れを変えた第2セットについて、チチパス選手は「どうやってプレーしたか自分でも見当がつかない」としながら、「私の心は落ち着いていましたし、迷いもなかったため、第2セットでは彼のゲームを2度ブレイクすることができました」とコメント。1セットダウンでも平常心を失わなかったことが勝利につながった。

チチパス選手は何より観客の後押しが心強かったとファンにも感謝した。

観客の応援は驚異的でした。背後にとても多くの援軍がいました。彼らは私にたくさんのエネルギーをくれるんです。私がコート上で達成したいと願うことを達成できると信じてくれています。今日、ギリシャの旗を持って応援してくれたファンの1人ひとりに感謝します。彼らはここが私のホームであるかのように感じさせてくれました」

(c)Getty Images

21歳のチチパス選手は昨年、21歳以下の選手によるシーズン最終戦『ネクストジェネレーション・ATPファイナル』で優勝し、自身が男子テニス新世代の旗手であると名乗りを挙げた。

その勢いは今季さらに加速した。男子テニス界でBIG3と呼ばれるロジャー・フェデラー選手、ラファエル・ナダル選手、ノバク・ジョコビッチ選手全員から今年1年で勝利を奪った(ジョコビッチ選手からは2年連続)。

参考:https://www.atptour.com/en/news/thiem-tsitsipas-nitto-atp-finals-2019-sunday-final

≪関連記事≫

ラファエル・ナダル、33歳での年間1位は「家族やチームの支えがあってこそ」

ラファエル・ナダルが語ったメンタルコントロール術 “1000回に1回”の大逆転勝利ができた理由

ロジャー・フェデラー、試合後にファンの子供たちにプレゼントを贈る「今年のサンタは早めに来た」

ドミニク・ティエム、試合後にマヌーコーチと感無量のハグ ジョコビッチを破って準決勝進出

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします